日本の卓球リーグへ入団した福原愛の夫に待ち受ける「誘惑」

(C)まいじつ

卓球選手の福原愛の夫で、リオデジャネイロ五輪の台湾代表だった江宏傑選手が、卓球日本リーグ2部の『琉球アスティーダ』に2年契約で入団したと発表された。6月7~11日に島根県松江市で開催される日本卓球リーグ前期島根大会でデビューする予定だ。

琉球アスティーダは来年秋に始まる日本の卓球新リーグ『Tリーグ』への参戦を目指し、チーム強化を進めている。江選手の試合をスタンドから福原が応援する姿もも見られそうだが、不安なことがあるという。

「結婚式を挙げた去年9月には、江選手はチェコのリーグ戦に参加していたので、新婚生活はドイツでした。台湾に新居も購入してあるので、福原がその家に住み、江選手はときどき帰国することになるようです」(卓球リーグ関係者)

江選手は単身赴任になる予定だそうだ。そこで、女性関係が問題になるのではないかと言われている。

「江選手は台湾では銀行に勤めており、台湾の農協、漁業組合などの経済的危機を救うため、会社合併を進める仕事にも携わってきました。知的なしゃべり方で、人当たりも柔らかく、精悍な顔立ちであるため、福原との交際が明らかになる前は女性ファンにも追い掛けられていました」(特派記者)

 

台湾でも別々の生活になる可能性も

日本でもおそらく女性ファンは増えるだろう。さらに、スポンサー関係でも深い交流になりそうな女性の影がある。

「琉球アスティーダは沖縄市を拠点に活動していますが、リーグ戦は全国各地で行われます。チームを支援している企業に航空会社もあるので、移動はほかの2部リーグのチームよりも融通が利くと聞いています」(体協詰め記者)

ということは、キャビンアテンダントからも誘惑の目線を浴びせられるかもしれない。

「結婚した当初、ビールメーカーのお歳暮のCMに夫婦で共演しました。福原が帰国したら今年もCMで共演するようです。夫婦別々での取材も多くなるでしょうから、別々に寝泊まりすることになるのでは」(女性誌記者)

新婚早々に夜遊びする姿が報じられなければいいのだが…。

 

[いっしょに読みたい]

タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?

※ 新婚の菊川怜に危惧される「米倉涼子化」

小倉優子「お金好きです」と本音をこぼすも好感度は急上昇