ボクシング・村田諒太の敗戦に囁かれる「疑惑」

(C)Shutterstock

5月20日に行われたボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦に、よからぬ噂が立っている。

この試合はロンドン五輪金メダリストの村田諒太と、暫定王者のアッサン・エンダムが対戦し、村田が1対2で判定負けしていた。その一方で、村田が勝っていたという見解が多く、“誤審”も囁かれた。

「ボクシングはショーの要素が強い興行なので、どこに真実があるか分からないことも多く起こります。例えば以前、亀田3兄弟が不透明な試合で勝ち続けたこともありました。興行主や主催者しか勝ち負けの真実を知らないのではないでしょうか」(ボクシング誌ライター)

村田の試合が不可解だったのは判定だけではない。管轄するWBAのヒルベルト・メンドサ会長が「117-110で村田が勝利していた」とする自身の採点を公表し、再戦を指示。さらには、エンダムの勝利だと採点したグスタボ・パディージャ氏(パナマ)、ヒューバート・アール氏(カナダ)のジャッジ2名を6カ月間の資格停止処分にしている。

「会長が勝ち負けに言及したとしても、普通は点数付けまで話すのは異例です。一部週刊誌には《タイトルマッチを乱造する商業主義のWBA》とまで酷評されており、何か“裏”があるのではないかと感じてしまいます」(同・ライター)

村田が所属する帝拳ジムの本田明彦会長は「(興行は)約5億円規模」と語るなど、破格な巨額マネーが動いたことを明かしている。

 

WBAとフジテレビと村田のあいだにある「温度差」

「放送はフジテレビでしたが、村田はフジテレビと電通が囲いこんでスター性を高めていった選手です。平均視聴率は17.8%で、昨今のスポーツ中継としては及第点ですが、“五輪メダリストの世界戦”と煽り立てた割には、驚くほどの数字でもありませんでした。過去には、世界戦単体で赤字が出たことも報じられていますし、今回も満足できる結果ではないでしょう」(テレビ雑誌編集者)

また、WBAの慌てぶりとは打って変わって、村田は敗戦を受け止めている。

「村田陣営が判定を不服として騒いでいないことが不思議です。エンダムには無理して日本に来てもらった経緯があるようで、村田はフェイスブックでエンダムに感謝の意を伝えています。しかし、WBAの会長自身が問題視して再試合を指示しているほどなので、もし実現したら、因縁対決として今回よりも視聴率は上がるでしょう」(同・編集者)

翌21日に、同じくフジテレビで放送されたWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥が挑んだ5度目の防衛戦は、平均視聴率が9.7%だった。これらの背景を考えれば、村田が勝っていても、防衛戦で視聴率が取れる保証はない。むしろ“因縁の再戦”と煽った方が高視聴率を期待できるだろう。

“筋書き”があったのではないかと感じてしまう。

 

[いっしょに読みたい]

タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?

※ 新婚の菊川怜に危惧される「米倉涼子化」

小倉優子「お金好きです」と本音をこぼすも好感度は急上昇