森昌子が謹慎解除の狩野英孝断罪するも「自分は棚上げ」非難殺到

(C)Shutterstock

6月4日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演した歌手の森昌子が、狩野英孝の謹慎処分解除に苦言を呈した。この森の発言に対して、インターネット上では《自分の子育ての話は棚に上げて…》と疑問の声が多数挙がっている。

今年1月に女子高校生との淫行騒動で謹慎処分を受けていた狩野英孝が解除されたことに、森は憤りを隠せない様子で、「(最近は)半年とか1年ですぐ芸能界復帰するでしょ、あれは島流しですよ。反省しないですよ。この歳になると人間の本質は変わらない」と批判した。

これに対し、松本人志は「芸人として復帰して、そこいじれへんのかい、みたいなとこあるんですよ。かばってあげようと思ってスタジオに入ったけど、空気が違った」と芸人仲間として理解を求めた。また、『HKT48』の指原莉乃から「この事について(狩野を)いじるんですか?」と聞かれた松本は「どうかな、女性問題に下が緩いという部分ではいじるかもしれへんね、具体的ないじり方はどうかもわからないけど」と肩をすくめた。

森の発言にSNS上では《森の息子も未成年で飲酒して謹慎してたじゃん》、《飲酒でジャニーズ辞めてんだよ、何が子育てに成功しただよ》、《自分の息子に甘く、他人には厳しくは通用しないだろ》と意見があった。

 

森の息子3兄弟は全員「いわく付き」

森昌子の長男は音楽バンド『ONE OK ROCK』ボーカルのTakaで、もともとはジャニーズ事務所の『NEWS』で芸能活動を始めている。しかし、その当時に未成年であるにもかかわらず、飲酒している様子や、女性とベッドで添い寝した写真を週刊誌に掲載され、わずか3カ月で脱退の憂き目に遭った過去がある。NEWSから脱退した表向きの理由は“学業専念の為”だったが、Takaの場合は不祥事が原因でジャニーズ事務所から解雇されたという噂もいまだにある。

また、三男はジャニーズJrを脱退して音楽活動をしていて、次男はテレビ東京の社員で勤務しているが、コネ入社の疑惑もささやかれる“いわくつきの兄弟”である。

森は『子育て論』という本を出版しているが、そのなかで《子供を名前で呼ばないで番号で呼んでいた》という記述があり、「教育じゃない、ただの虐待」、「入れ墨入れる息子になった原因はそれか」などと批判された過去がある。同番組の中で3兄弟につきまとう“疑惑”に対しても釈明することはなかった。

森は狩野を批判したが、息子たちの“謹慎”についてはどう考えているのだろうか?

 

[画像]

(C)Mangostar / Shutterstock

【あわせて読みたい】

観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了へ

神田沙也加の結婚に沈黙を続ける松田聖子の「常套手段」

タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?