国分太一のTBS「ビビット」が年内で完全終了へ

(C)まいじつ

『TOKIO』の国分太一が司会を務める朝の情報番組『ビビット』(TBS系)が、年内で打ち切りになるという話が持ち上がっている。

同番組は4月に『白熱ライブ ビビット』から番組名を変更し、さらには夕方ニュース『Nスタ』のキャスターだった堀尾正明を新たにレギュラーコメンテーターとして参加させたばかりだ。

「堀尾は元NHKのアナウンサーで、退社後に独立してTBSに夕方ニュースの契約キャスターで入ったものの、視聴率が大不振でした。リストラ要員になったので、ビビットの終了とともに引導を渡す予定です。何しろ、ビビッドは視聴率2%前後で、民放4位が指定席。その最大の元凶が国分だといわれています」(テレビ雑誌編集者)

ビビットは、冒頭のキャスターあいさつが向かって左が堀尾、真ん中に国分、右端は真矢ミキという並びで行われる。一見すると国分がメインキャスターの位置だと思われるが、そうではない。しかも、番組進行はほかの情報番組と比べると、なんとも奇妙なものだという。

「初めだけ国分が中心になって話題を出しますが、あとのニュースは堀尾が展開します。国分はニュースの解説ができないので、相づちなどを打って、真矢に意見を求めます。しかし、真矢は女優で、特にニュースに詳しいわけではないので、今度は別席のコメンテーターに回したりするのです。そこで話の整理をするのが同局の吉田明世アナ。国分がそんな“たらい回し”仕切りを作ったらしく、番組の方向性を分からなくしています」(同・編集者)

 

番組が不評であるにもかかわらず国分が使われ続ける理由

国分はビビットの前身番組だった『いっぷく!』でもMCを務めていたが、視聴率が低迷して打ち切りになった。しかし、その次の白熱ライブにも引き続き同じ役割で出演を続けていた。

「国分は政治や社会のニュースが分からず、芸能人だから芸能スキャンダルも扱えません。それにも関わらず、TOKIOのメンバーのなかでも司会やキャスターの仕事しかやりたがらないのです」(TBS関係者)

しかし、TBSには国分を使い続ける理由があった。それは、彼がジャニーズ事務所の所属だからというだけではない。

「国分は2015年に元TBS社員の女性と結婚をしています。そのためTBSはジャニーズ事務所と同局の問題も絡むため、渋々ながら国分を起用し続けてきました。ただし、いくら何でも視聴率2%ではもう使えません。年内に終了させて国分と堀尾に降りてもらう算段なのです」(同・関係者)

しかし、それもすんなりとはいかない様子だという。

「国分は、番組終了は受け入れるが、ジャニーズ事務所と奥さんを通して、『新番組を作れ』と高圧的に言ってきているようです。以前、国分はフジテレビの『すぽると!』の番組内で“編集長”と呼ばせ、名刺まで作成していました。その傲慢な態度が嫌われた結果、番組は打ち切りとなっています。しかし今回は、国分と奥さんも絡んでいるので、どんな新番組をあてがうか、局も困っている状況です」(ジャニーズライター)

フジテレビだけでなく、TBSでも嫌われているようだ。

 

【あわせて読みたい】

亀梨和也と深田恭子が11月に結婚で双方合意か 

関ジャニ∞・横山裕と破局した田中みな実が女子アナ引退か!? 

※ AKB48選抜総選挙の速報直後に駆け巡った「イカサマ疑惑」