浜崎あゆみの激太りと引退の噂を関係者が一掃!

(C)まいじつ

引退へのカウントダウンが始まったと報じられている浜崎あゆみ。東京の南青山にある自宅兼事務所を売却したと週刊誌が報じたことにより、この噂が浮上した。

「この“あゆ御殿”は地下1階から地上5階までのもので、売り出し価格は25億円という大豪邸です。すでにロサンゼルスなど国内外の別荘を売却しているのも確かです。でも、浜崎にはタイやマレーシア、台湾などからライブの要請が山のように来ていますし、まだまだ浜崎は引く手あまたです。引退するわけがありません」(芸能記者)

カリスマ歌姫にいま何が起こっているのかは、SNSでもかなりの話題だ。《コンサートの写真を見たが、かなり太って劣化している》、《かつての勢いはない》、《宇多田ヒカルみたいに海外に逃げ込んだ方が格好がつく》などなど辛辣な書き込みも目立つ。

 

激太りは「アーティスト性」ゆえのもの

所属事務所に“コントロールできない”状態になったといわれる浜崎。昨年、10歳も年下のアメリカ人医大生と離婚したときも全く知らされておらず、報道で知るという憂き目に遭ったという。

「悪く言われることも多いですが、それも“有名税”。曲もかなり作っていますし、引退はありません。3月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際には、体の線がかなり太くなっていたようですが、あれも作曲するときの苦しみで過食気味になるアーティスト性ゆえの症状です。浜崎の音楽は進化を遂げており、欧米でも評価が高い。引退はありえない話で、世界の音楽にとっても大損失の話となってきます」(音楽関係者)

そして、太ってしまった体で“新しいファン層”を開拓したという噂もある。

「太めのぽっちゃりとした女性が好きな男性がコンサート会場に足を運ぶようになったのです。太めというのは言い換えれば“ムチムチ”だということ。ファンは増えたはずです」(同・関係者)

マドンナ、レディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、ジャネット・ジャクソン、マライア・キャリーなどなど、大物アーティストに“体重増加”と“引退”の話は付き物。浜崎も海外セレブのようになってきたということなのか。

 

【あわせて読みたい】

※ 嵐・松本潤が「異常性癖」露呈で井上真央とは破局していた?

放送事故?水曜日のダウンタウン「流血過激実験」に非難相次ぐ

※ 指原莉乃「AKB総選挙で1位以外」なら女優転身を決意か!? 

香取慎吾がジャニーズからの独立を示唆する「重大発言」

亀梨和也と深田恭子が11月に結婚で双方合意か