「なんでもしますから!」西山茉希の悲鳴聞きつけたあの業界…

(C)Shutterstock

ファッション雑誌『CanCam』の元モデルで、俳優の早乙女太一の妻でもある西山茉希が、失業と芸能界追放の危機に見舞われている。所属芸能事務所社長とのトラブルで事務所に契約解除を申し入れ、社長との法廷闘争に発展しそうだからだ。

「西山は、破局やDV騒動などがあった末の2013年6月に、早乙女と結婚して2児をもうけました。すっかり幸せかと思われていたのですが、6月6日発売の『女性自身』の誌上で所属事務所の批判を繰り広げ、昨年11月に契約解除を求める書面を送ったことを明かしたのです。デビューから13年にわたって昇給がないことや、2月から給料が未払いなこと、ふたり目の子供を妊娠したことで給料半額を通達されたなどと主張したのです」(芸能ライター)

この報道を受けて、事務所の社長も反論を展開し、問題は泥沼化している。

「非難された事務所社長はその後、テレビ番組へ電話出演し、妊娠でドラマの仕事をすっぽかしたための給料半減だったことや、契約解除の内容証明が送られたことへの反撃としての給与支払い停止だったと反論しました。そして、裁判になったら『これでもかというくらいにやる』と徹底抗戦することを宣言したのです。この社長は強面として知られており、各方面に強い人脈を持っていといいます。西山は、同じく所属事務所と契約で揉めた清水富美加のように、宗教団体に入るくらいのことをしない限り、芸能界では仕事ができないでしょう。本当に失業危機と言っていい状態です」(同・ライター)

 

西山が「仕事なんでもやります」と言ったら…

ただ、西山は女性自身の取材に対し、最後は「とにかくお仕事をさせてほしい」、「(仕事を)やりたいです!」、「求めていただけるなら、素直な気持ちで応えていきたい」と“なんでもやります”とばかりに売り込んでいた。

「この西山の“なんでも仕事やります”アピールを見たAV関係者や出版関係者が、早くも接触を開始しているそうです。具体的に金額提示している関係者もおり、西山の心も動いているといいます。また、モデルとしての“ママヌード”を持ち掛けているファッション系出版関係者もおり、これには西山もかなり乗り気だとか。このまま“干された”状態が続けば、実現の可能性はどんどん高まるでしょう」(同・ライター)

どのくらいの覚悟があるのか。

 

【あわせて読みたい】

小出恵介に「セックス依存症」の疑惑も

有名人の「デートなう。に使っていいよ」ブームに厳しい批判の声

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ

芸能界で小出恵介を擁護する声が続出…あの上沼恵美子も

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…