徳永有美「女子アナ本格復帰」の背景に燃えさかるライバル意識

(C)Shutterstock

元テレビ朝日の徳永有美が、フリーアナウンサーとして約12年ぶりに本格再始動を始め、話題になっている。AbemaTVのニュース番組『けやきヒル’sNEWS』で1月からキャスターを務め、さらに4月よりBS朝日の『ガンバレ部活アスリート! スポーツクロス』では元プロ野球選手の古田敦也と共に司会として出演している。

「徳永は1998年にテレビ朝日に入社し、『スーパーモーニング』や『やじうまワイド』など看板情報番組のレギュラーを務め、局を代表する女子アナへの道を着実に歩んでいました。2001年に同局で同期のディレクターと結婚するも、2003年4月に『内村プロデュース』で知り合った内村光良との不倫旅行が発覚し、番組降板の末、同9月に離婚したのです。内村との別れることを条件にキャスターへ復帰したものの、結局、2004年8月に復縁を報じられ、2005年3月に結婚。翌月にはテレビ朝日を退社して主婦になっていました」(テレビ朝日関係者)

2007~2009年には一部新聞でスポーツコラムを担当するなどしていた時期もあったが、2009年と2013年に女児と男児を出産したことで、目立った活動は控えていた。

 

徳永が復帰しようと狙っていた番組に…

「徳永は2児の子育てがひと段落し、元来は目立ちたがり屋の性格であるため、表舞台に出たくなったのでしょう」(同・関係者)

夫の内村は『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『スクール革命!』(同)など6つの人気番組で司会を務めている人気タレントだ。財政的に困って復帰したとは考えられない。今回、本格復帰を決めた背景には元フジテレビアナウンサーの高島彩の存在が大きいという。

「徳永は自身の見た目とアナウンス技術に絶対の自身を持っています。『ゆず』の北川悠仁と結婚し、同じく2児をもうけた高島が、4月からテレビ朝日系の『サタデーステーション』にのメインキャスターに就任するという話を、昨年末ごろに知ったのです。徳永はそのサタデーステーションのキャスターの座を狙っていました。同じ2児の母親でフリーアナのライバルが、自身の古巣で狙っていた番組を奪ったことで完全に火がついたのです」(芸能記者)

テレビ朝日内でふたりが出くわしたら、血の雨が降る?

 

【画像】

(C)Glue Promsiri / Shutterstock

【あわせて読みたい】

インパルス・堤下敦「即謝罪会見」を評価する声

滝沢秀明が引退を考えた過去「ジャニーズJr.もファンも敵」

フジテレビ「とくダネ!」が公式ツイッターで大チョンボ

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ