乃木坂46内に存在する「軍団」と異彩を放つ「スイカ」とは?

(C)まいじつ

5月28日に放送されたバラエティー番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)で、『乃木坂46』内に作られた“軍団”と呼ばれるグループの実態が明らかになった。

この日のテーマは、“新軍団員プレゼン大会”というもので、乃木坂46内に存在する軍団の活動内容や実績などをプレゼンし、どの軍団にも属していないメンバーを勧誘しようという企画だ。

乃木坂46の軍団には松村沙友里率いる『さゆりんご軍団』や、秋元真夏率いる『真夏さんリスペクト軍団』などが存在し、それぞれ楽曲やミュージックビデオを発表したり、雑誌のグラビアを飾ったりと、幅広い活動を行っている。軍団には、シングルの表題曲を歌う選抜メンバー以外のメンバーも加わるので、選抜メンバーと比べてメディア露出が少ない彼女たちにとっては、活動の範囲を広げる大切な機会になっている。

しかし、軍団のなかには全く仕事につながらないものも存在する。そのひとつが、今回取り上げる『スイカ』だ。スイカのもともとのメンバーは、斉藤優里、伊藤かりん、伊藤純奈、川後陽菜の4人。ここに、乃木坂46でも白石麻衣に劣らぬ人気を誇る主要メンバー、西野七瀬が加わった。

 

西野七瀬の素を引き出す「第3の軍団」

彼女たちの活動内容は、旅行やメンバー宅でのパーティーだ。旅行の手続きやパーティーの食材準備は、第一生命のCMやNHKの将棋番組などで精力的に活動し、「かりん有能」とファンからの評価も上昇中の伊藤かりんが行っている。その有能さはプライベートでもいかんなく発揮されているようだ。

彼女たちが大切にしていることは、“自由”であること。5人で出かけた香港旅行でも、各々が好きなことをして、好きなことを過ごすことを重視した。

番組では、旅行中の買い物を楽しみたいメンバーが多いなかで、西野七瀬が終始カフェでの荷物番を買って出ていたことがわかった。MCの『バナナマン』のふたりも「西野だけずっと動いてなくないか?」と指摘していたが、西野本人は「超楽しかった!」と笑顔。バラエティー番組ではあまり見せない西野の満面の笑みに、ツイッターなどのSNSが沸いた。

いまのところオフィシャルな活動は行われていないスイカだが、人気メンバーの西野や、メディア露出が増えている伊藤かりんを擁するだけあって、楽曲やMVの発表を期待するファンも多い。さゆりんご軍団や真夏さんリスペクト軍団とは異なる、自然体な“第三の軍団”としての活躍が待たれる。

 

【あわせて読みたい】

インパルス・堤下敦「即謝罪会見」を評価する声

滝沢秀明が引退を考えた過去「ジャニーズJr.もファンも敵」

フジテレビ「とくダネ!」が公式ツイッターで大チョンボ

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ