AKB総選挙速報で暫定1位の「NGT48」荻野由佳って何者?

aai / PIXTA(ピクスタ)

『AKB48選抜総選挙』といえばAKBグループ最大のイベントで、いまやファンならずとも注目の一大コンテンツへと成長している。今年も49枚目のシングルに参加するメンバーを決める総選挙が、6月17日に沖縄県豊見城市の『豊崎美らSUNビーチ』で行われる。

そして、5月31日に総選挙に先駆けて実施された“速報”の結果には衝撃が走った。横山由依、渡辺麻友、指原莉乃といった人気メンバーの名前が次々と読み上げられるなかで、暫定1位に輝いたのは『NGT48』所属の荻野由佳だったためだ。

荻野由佳と聞いてすぐに思い浮かぶ人は、相当なアイドル通と言ってもいいだろう。荻野が所属するNGT48は、新潟市を本拠地に結成して2年目で、2017年の春にCDデビューしたばかりのグループだ。全国ネットのテレビ番組にはほとんど出演した経験がない。そんなNGT48のメンバーが速報とはいえAKBグループでトップを獲得してしまったのだから、ファンからしてみればこれは大事件だった。

 

躍進を支える新潟県民の県民性、NGT48ファンの心理とは

もっとも、NGT48のなかでこの速報で躍進したのは、荻野ひとりではない。荻野以外にも、本間日陽(5位)、高倉萌香(7位)、山口真帆(24位)といったメンバーが上位に入っている。

NGT48の躍進の謎を紐解くカギが、新潟県民の県民性にあると指摘するのは、地元紙記者だ。

「新潟県民は良くも悪くも熱しやすいところがあります。地元のプロサッカーチームであるアルビレックス新潟の観客動員も、J1に上がりたてのころは常に4万人を数えるほどでした。熱しやすい県民性と選抜総選挙のスケジュールがピタリと重なったという印象です」

それでは、NGT48の中でもなぜ荻野が一番支持を集めたのか。NGT48関連のイベント出席率が90%を超えるという30代男性ファンは次のように解説する。

「おぎゆか(荻野由佳)はとにかくファンへの対応が神対応。握手会のときも目を見て話してくれるし、ファンの顔と名前を覚えてくれます」

また、荻野の経歴に親近感を感じて投票したと話すのは、20代の女性ファンだ。

「おぎゆかは、これまでオーディションに4度も落ちている苦労人なんです。わたしも就職活動で失敗続きで、おぎゆかを自分に重ねて応援しています」

新潟県民、NGT48ファンの熱い声援を受けて選抜総選挙に臨む荻野由佳。6月17日の総選挙本番では何位にランクインし、どのような名場面が繰り広げられるのか、ファンならずとも要注目だ。

 

【画像】

aai / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

小出恵介に「セックス依存症」の疑惑も

有名人の「デートなう。に使っていいよ」ブームに厳しい批判の声

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ

芸能界で小出恵介を擁護する声が続出…あの上沼恵美子も

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…