40代からのランニング「健康のため」であれば週1回でOK!

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

ダイエットや健康のためにランニングを始めても、たった1週間で終わってしまった…という人もいるのでは。

特に40代からのランニングは、まずは無理をしないことが大事。「ランニングをしよう!」と思うと、毎日走らないと効果がないのではと思いがちだが、健康のためのランニングであれば週1回で十分なのだ。

専門家のもとで、きちんと指導を受ける場合は別だが、いままであまり運動をしていなかった人がいきなり高頻度の運動を始めると、体に負担が掛かりすぎてしまう。ランニングであれば、ひざやかかとなどだ。そうなってしまうと、健康のためとは正反対に怪我の原因になる。

週末の土曜日や日曜日の朝など、自分で時間を決めて走るようにしよう。余裕が出てきたら週の真ん中に1日ぐらい追加するのがいい。

 

最初は10分から

走る時間は10分からスタート。準備運動を兼ねたウオーキングを10分、ゆっくりしたジョギングを10分、クールダウンのつもりで再び10分ウオーキングといったペースが理想的だ。これが無理なく続けられるようになったら、少しペースを上げてもいいだろう。

運動が苦手な人は『スロージョギング』もおすすめ。通常のランニングよりも、さらに遅く、歩くスピードとほとんどかわらないペースで走る。ウオーキングに比べて1.6倍のカロリーを消費するのでダイエットに効果的だ。

もともと運動不足だった人なら、週1回の運動でも月2~3キログラムの減量は十分に可能。40代を過ぎると、食べないダイエットでは体重は落ちてもシワが寄ったり、皮膚がたるんだり、筋肉が落ちて貧相になってしまいがち。無理のないジョギングで、ゆるやかに体重を落とすようにしよう。

 

【あわせて読みたい】

新垣結衣に「小出恵介淫行事件」の風評被害

小林麻央さんへ結婚当初の心労を悔やむ声

佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

中居正広干されたか「27時間TV」めぐる明石家さんまとの確執

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太