心機一転?運勢のため?芸能人が改名する理由

マハロ / PIXTA(ピクスタ)

5月に、俳優の西村雅彦が『西村まさ彦』に改名をし、少し騒動を巻き起こした。

「『古畑任三郎』や『真田丸』などで知られる名脇役の西村が5月初旬に突然、ツイッターで改名を報告したのです。公開目前だった映画『家族はつらいよ2』のスタッフは、西村からの名前のクレジットを直してほしいという要望に応えるため大変だったといいます。西村はスピリチュアルに傾倒しており、それで改名したという話もありましたが、後日、彼のホームページでは、30年の俳優生活で自信がついたので、初めて芸名を名乗ることにしたと理由が説明されました」(芸能ライター)

6月1日には『仮面ライダーディケイド』、『ショムニ2013』などに出演した女優の森カンナが、芸能事務所の移籍とともに『森矢カンナ』へ改名することを発表している。その理由について、「矢を放つごとく皆様の心に刺さる表現を目指し、まだまだ長い表現の伸び代を日々埋めていく覚悟で、女優として邁進していきたいと思っております」とコメントした。

 

五木ひろしは何度も改名

最近、芸能人が改名した例はほかにもある。

「5月末には、千葉真一の息子の真剣佑が『新田真剣佑』への改名しています。また、3月末には有村架純の姉でグラビアアイドルの新井ゆうこが本名の『有村藍里』に改名しました。また昨年、能年玲奈がのんに改名したのは記憶に新しいところです」(同・ライター)

芸能界に改名ブームがやってきたかのようだが、振り返ると、芸能人の改名は珍しいことではない。

「過去に、五木ひろしは何度も改名しています。浜崎あゆみ(旧・浜崎くるみ)や華原朋美(旧・遠峯ありさ)も、改名後に人気になりました。改名の理由は、ほとんどの場合、芸能事務所移籍などで心機一転を図るためか、画数を変えて運勢とよくするためです」(同・ライター)

今後も芸能人の改名は続きそうだ。

 

【あわせて読みたい】

インパルス・堤下敦「即謝罪会見」を評価する声

滝沢秀明が引退を考えた過去「ジャニーズJr.もファンも敵」

フジテレビ「とくダネ!」が公式ツイッターで大チョンボ

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ