「激怒コメンテーター」梅沢富美男の炎上事件の数々

(C)Shutterstock

俳優で歌手の梅沢富美男が、バラエティー番組の“ご意見番”として、曲がったこと嫌いな怒りっぽい頑固おやじというキャラクターで活躍中だ。

「去年の地上波テレビ番組への出演は約150回ありました。梅沢は個人事務所なので、不倫や薬物問題などについて制約なくコメントができます。バラエティー番組には欠かせない存在になっています」(芸能ライター)

梅沢の怒りを露わにするキャラが定着したのは、過去に起こった炎上事件の影響が大きい。番組中に日常生活で怒ったエピソードを明かすたびに、インターネット上で炎上したのだ。

「最近の炎上は“トイレ事件”でしょうか。5月に放送されたテレビ番組で語ったところによると、梅沢がイベントに出演した際、出演者用のトイレに入ると、携帯電話の入ったバッグの忘れ物があったそうです。梅沢はそのバッグを警備員に渡して『(落とし主が)取りに来るから渡してやれよ』と頼むと、その警備員は「(拾ったのは)女便所ですか? 男便所?」と聞いたそうです。すると梅沢は『おれが女便所に入れるかっつうの。おれが女便所に入ったら事件だよ』と怒っていました」(同・ライター)

 

マニュアル対応に怒りを露わにした梅沢

ほかにも、“コンビニ事件”と“ハンバーガー事件”は特にネットで炎上した。

「コンビニ事件は、梅沢がコンビニでたばこと酒を買ったら、店員にレジの20歳以上であるというパネルを押すように言われ、梅沢が『俺が19に見えるか』と激怒した事件です。また、ハンバーガー事件は、梅沢とマネジャーがふたりでファストフード店に行き、スタッフへの差し入れ用にハンバーガー40個、コーラ40杯などを注文したら、店員に『食べていきますか?』と聞かれて激怒した一件です」(同・ライター)

梅沢は、客への対応がマニュアルに縛られすぎだと言いたかっただけなのだろうが…。

 

【画像】

(C)Biserka Stojanovic / Shutterstock

【あわせて読みたい】

インパルス・堤下敦「即謝罪会見」を評価する声

滝沢秀明が引退を考えた過去「ジャニーズJr.もファンも敵」

フジテレビ「とくダネ!」が公式ツイッターで大チョンボ

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ