AKB総選挙イベントが悪天候で中止!問われる運営の調整力

6月17日に沖縄県豊見城市の『豊崎美らSUNビーチ』で開催予定だった『AKB48 49thシングル選抜総選挙』の開票イベントと『AKB48グループコンサート』の中止が決まった。

気象庁発表の天気予報によると、17日の沖縄県豊見城市の天気は《昼前から夕方 雷を伴い激しく降る》となっており、降水確率は80%。総選挙の公式ホームページには《当日は雨に加えまして「雷注意報」が発表される可能性が高く、その場合、過去の屋外イベントにおける様々な事例を鑑みまして、お客様の安全を最優先に考慮し、中止せざるを得ないと判断させて頂きました。》と、中止の理由が説明されている。

「これで大損しているのが、イベント主催者やテレビ局だけでなく、ビーチ近郊でたこ焼きやアイスクリームなどを売ろうとしていた屋台の人たちです。この集客では数十万円見込める可能性もありました」(芸能関係者)

もともと、この時期のイベントに対しては「台風や雨が多い季節になぜ?」という意見が地元の運営側にはあったようだ。それでもAKB関係者によると、「沖縄での開催は地元の人たちにとっても喜ばしいこと」という思いで始まったのだという。

開催中止に伴い、イベントおよびコンサートのチケット代は全額返金されることが発表になっている。

 

海外から沖縄にやってきているファンも…

hiro.kamiya / PIXTA(ピクスタ)

開票イベントは、屋内の別会場で観客を入れずに行われる予定で、テレビ中継ができるように各所調整に入っているのことだが、主催者は連絡に忙殺されている。ファンが会場まで押しかけて「ここでやるんですか? やらないのですか?」とスタッフに詰問する場面もみられた。

開票イベントのチケット購入者には、抽選でAKBグループ各劇場で行う予定の無料パブリックビューイングに入場できるよう調整中としている。

「いまさらですが、熱心なファンの多くは沖縄へ行ってしまっています。海外からもAKBファンがたくさん来ています。AKBの総選挙をマレーシアや台湾でやろうと画策している声が多いので、海外からのファンに対しての運営力も問われるでしょう。運営側には厳しい総選挙になりそうです」(同・関係者)

ファンを納得させるだけの感動は今年あるだろうか。そして、今年の1位は?

 

【画像】

hiro.kamiya / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

インパルス・堤下敦「即謝罪会見」を評価する声

滝沢秀明が引退を考えた過去「ジャニーズJr.もファンも敵」

フジテレビ「とくダネ!」が公式ツイッターで大チョンボ

嵐・櫻井翔の降板噂される「NEWS ZERO」後継者は…

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ