宮川大輔がみやぞんにしつこく「ダメ出し」して視聴者不快感

freehandz / PIXTA(ピクスタ)

6月18日に放送されたバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、宮川大輔がみやぞんにスパルタ教育を施して、視聴者から疑問の声があがっている。

コーナー説明で司会の『ウッチャンナンチャン』の内村光良から「今回はどこに行ってきましたか?」と聞かれたみやぞんは、「はい、やらせていただきました」といきなり質問とかみ合わない受け答えをした。

共演者から「場所ですよね」とつっこまれたり、「今回の場所はどうでしたか?」との問いに「よかったですよ、いやよくはないですけど」と意味不明な返答を繰り返し、宮川から「どっちやねん」と真顔で指摘されていた。

これに焦ったみやぞんは「アメリカのホテルの横にチャイニーズビュッフェがありまして。助かりましたよね」と勝手に話を進め、宮川から「飯のこと聞いてへんねん」とさらに叱られる始末。「そういったことですよね」と適当に終わらせようとしたみやぞんだが、宮川から「違う、違う! そういったことじゃないねん。ちゃんとして」と叱責を浴び続けた。

内村から「(行ってきたのは)アメリカの都会のほうですか? 田舎のほうですか?」という問いに、みやぞんは説明するうちに勝手に笑ってしまい、宮川から「何がおもろいねん、何、ひとりでこみ上げてきとんねん」とあきれ顔。司会の内村は苦笑いしながら、VTRを促した。

 

宮川がみやぞんを「スパルタ教育」する意味

このみやぞんと宮川のやり取りに対し、SNS上では《宮川大輔どうした?冷たすぎない?嫌いなら嫌いでいいけど、仕事でしょ?》、《みやぞんをみる宮川の目が怖い》、《宮川のつっかかり具合が怖い》、《宮川は、絶対みやぞん嫌いだな》などの投稿が見られた。宮川はみやぞんのキャラを引き立たたせるため、愛をこめて叱っているつもりだろうが、その気持ちが届かない視聴者も大勢いるのが現状だ。

受け答えのあいまいさとは裏腹に、みやぞんはアクロバットな闘牛に挑んだり、中国の少林寺拳法の奥義を短期間で習得したりと、番組で活躍している。抜群の運動神経を持ち、さらにイッテQの放送作家が「新年会でみやぞん紹介のときに照明が落ちた。彼は持ってるなと思った」と言わしめる強運の持ち主でもある。

宮川の叱責は、みやぞんに期待していることの表れだろう。宮川の愛の“スパルタ教育”が視聴者に伝わる日は来るのだろうか。

 

【画像】

freehandz / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

AKB総選挙で渡辺麻友が「2位でよかった」と言われる理由

須藤凛々花「結婚宣言」でAKB運営が隠したかったこと(前編)

須藤凛々花「結婚宣言」でAKB運営が隠したかったこと(後編)

恋愛禁止のAKBで起こった「結婚テロ」にファン暴動寸前

日本テレビ裁判和解入社の笹崎里菜アナが受けた「異次元」イジメ