なぜ中居も独立しないのか|中居正広の決断 その1

(C)まいじつ

6月18日に元『SMAP』の稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が、ジャニーズ事務所と9月の契約更新を行わないことが発表された。中居正広はジャニーズ事務所に“残る”と決断したのだ。

「一部の週刊誌サイトが報じた、やや怪しい情報ですが、稲垣が中居に連絡を取ろうとしても取れないそうです。そのため、『中居くんの気持ちが分からない』と不安を漏らしていたといいます。結局、中居はジャニーズ事務所に残ることになりました」(ジャニーズライター)

中居に関しては複数の見解が出ていた。

「稲垣、草彅、香取を送り出したあとに、精一杯の仕事をして自分も出ていくという話。あるいは、3人が示し合わせて出ていくので、あえて自分は残って木村拓哉のような悪役になり、3人への批判をかわすという話。新しい芸能事務所を作り、みんなを集める予定だったが、予定が大幅に遅れていしまったという話などです」(同・ライター)

ジャニーズ事務所によると、3人はそろって6月1日に事務所に退社の意思を報告。発表のあった18日に「役員で協議を行った」とのことだが、当日に了承されたようだ。

「ジャニーズ事務所も陰湿で、香取が司会の『SmaSTATION!!』が9月いっぱいで終了をすることを一部スポーツ紙にリークしました。それ以前にも、香取に関しては、ジャニーズと懇意にしている週刊誌Bに《香取はまもなく消える》と書かせています。3人を慰留する気持ちは最初からなかったのです」(スポーツ紙記者)

SMAPが独立を画策したときの中心だった中居は、なぜ独立をためらうのか。

 

I氏と木村抜きの忘年会

「中居には、元マネジャーだったI氏と新事務所を立ち上げる話が間違いなくあります。ただ、『問題はI氏だ』という芸能関係者は多い。SMAPの人気が全盛だった時代に、I氏のマネジメントの横柄さに閉口していた芸能関係者は山のようにいます。I氏が新しい事務所を立ち上げても、敬遠する人間は必ず出てくるでしょう。これがネックだといいます」(同・記者)

しかも、I氏と提携するとみられていた大手芸能プロダクションも二の足を踏んでいるという。

「昨年の大みそかに行った木村以外の人間が揃った“焼肉忘年会”が影響しているのです。この会には、元SMAPメンバーで、現在オートレーサーとして活躍する森且行が参加しました。このことは週刊誌Sに詳細が報じられたのですが、これがボディーブローのように効いているのです」(週刊誌編集者)

焼肉忘年会の何がいけなかったのか。

その2へ続く)

 

【あわせて読みたい】

なぜ中居も独立しないのか|中居正広の決断 その1 

やり過ぎだった「忘年会」のリーク|中居正広の決断 その2 

見えない中居の「本音」|中居正広の決断 その3 

木村が稼げないなら中居で稼げ|中居正広の決断 その4

最後に頼る超大物Y氏|中居正広の決断 その5

反乱の「首謀者」は優遇され続けない|中居正広の決断 その6 

【過去の特集はこちら】

※ リークしたのは誰?SMAP独立計画の「ほころび」|中居正広の描く「独立計画」#01 

※ 「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」