『35歳の少女』に“夢オチ”説が浮上! 最後の最後で再び鬱展開か…

柴咲コウ 

(C)まいじつ 

見た人を鬱にするという呪いのようなドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の最終回が12月12日に放送され、ネット上ではその終わり方に批判が続出した。しかし、最終回をめぐっては、ある説も浮上しているという。

同作の主人公・望美(柴咲コウ)は、1995年に不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女。25年が経過して目覚めた時には、周りの人も環境も、そして自分自身もまるで変わっていた…というストーリーだ。

25年の間に、両親の多恵と進次(鈴木保奈美、田中哲司)が離婚、妹の愛美(橋本愛)は絶縁状態、初恋相手・結人(坂口健太郎)は、夢だった教師になるも、教え子が自殺したショックで退職してしまっているなど、暗い設定がこれでもかというほどテンコ盛りになっている。

さらに最終回前までに、愛美が同僚の彼氏に裏切られて無職に。進次は再婚先でも家庭崩壊して、さらにリストラに。望美は家族や結人と絶縁し、新興宗教の教祖のようになって、ユーチューバーもどきに。そして多恵は死んでしまうという怒涛の鬱展開が繰り広げられた。

ところが、最終回では突然、すべてが好転。望美の家族は昔のように仲よしに戻り、望美は夢だったアナウンサーになることに。愛美はコンペで賞を獲って、夢だったグラフィックデザイナーの道へ。進次は再婚先の家庭が円満となり、夢だった一級建築士を目指す。そして、結人は赴任先の学校のイジメ問題を見事に解決し、過去の失敗を乗り越えたのだ。

この取ってつけたようなハッピーエンドは視聴者に呆れて、ネット上では

《とんだ茶番を見せられたな…》
《なんだこれ》
《ハッピーエンド希望だったけど、こんなんじゃない!》
《最終回が1番見なくても良い回だった》

と批判が続出した。

『35歳の少女』夢オチ説が浮上したきっかけ

しかし、このハッピーエンドを覆す〝最後の鬱展開〟が一部ネット上で話題になっている。それは、物語が〝望美の夢だった〟というオチだ。

「夢オチ説が浮上したのは、最終回の最後の数秒。地上波放送では提供バックになっていてよくわかりませんでしたが、動画配信サービスで見ると、病室で35歳の望美が目を覚ます〝モノクロのシーン〟でドラマが幕を閉じているのがわかります。そのため、これまでの物語は、病室で眠っていた望美の夢だったと言われているのです。実際、同作の冒頭はいつも夢を見るシーンから始まるなど、夢は重要な要素として取り扱われてきました。そして、次回予告はいつもモノクロだったことから、本放送の後の時系列だと考えられるのです」(芸能記者)

ネット上では夢オチ説に、

《最終回はハッピーエンド詰め込んだ夢みたいな展開…やっぱり夢オチなのか…そうなのか…》
《夢オチ説出てるけど、ほんとにそうだったら闇深すぎて鳥肌》
《35歳の少女、夢オチ説めっちゃ好き》
《ご都合主義のハッピーエンド過ぎて違和感しかなかったけど、最終回丸々夢オチだったということか…恐ろしい、そしてその方がめちゃめちゃしっくりくる》

など感心する声があがっている。

フィクションで〝夢オチ〟は禁忌とされているが、このドラマに関しては〝夢オチ〟であってほしい視聴者が多いようだ。

【あわせて読みたい】