工藤静香“旦那のダウン”着用のあざとい投稿に呆れ声「ドン引きです…」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が12月15日、自身のインスタグラムを更新。そこに投稿された写真が〝キムタクファン〟の逆鱗に触れたようだ。

工藤はこの日、夫で俳優の木村拓哉が、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の第1期で着用していたブラウンのレザーダウンジャケットを着た姿をアップ。

そして、《このダウンは寒がりの私に、知人がギフトしてくれました。知人(仕事関係者)実際はオレンジではなく、キャメル色です》と紹介。続けて、《早朝寒かったので、玄関に掛けたギフトのダウンを着ただけなのですがすいません》と、選んだ理由を明かし、コーディネートしているブランド名を公開した。

この投稿に、工藤ファンからは、

《この色味のダウン見ると、HEROを思い出します》
《えっ久利生公平のコート!?》
《HEROのBAPEじゃないですか!! おそろい? それとも兼用?》
《しーちゃんも似合ってる》
《ダウンのしーちゃんかわいい~》
《ヤバい仕事頑張れるから かわい過ぎる~》

など歓喜の声があがった。

「似た者夫婦でとても気が合うんだろうなぁ」

しかし、匿名掲示板では、

《このダウンがキムタクファンにとって、どれだけの価値があるか分かるでしょ、もうほんと「いい加減にしてほしい」と思わせる才能は恐ろしい》
《妻である工藤静香と娘たちが、旦那であり父親の名前を出せば出すほど嫌悪されるキムタク》
《この嫁は旦那の足を引っ張ることばかりしてますね。それでなくても、木村家は好感度低いのに…。今さら久利生公平とか、ドン引きですね》
《自分が良ければ他人はお構いなしな似た者夫婦でとても気が合うんだろうなぁと思ってしまう。HEROを思い起こさせる、というのは十分承知の上でやってるんでしょうね。工藤さんはそういう人間》

などと、その〝あざとさ〟に非難が殺到している。

木村と工藤が結婚してから、かれこれ20年。当時は工藤にバッシングが起きたが、木村の好感度は下がることなく〝キムタク〟で居続けた。

しかし、『SMAP』解散騒動で木村がヒール扱いされてから人気は急降下。工藤が木村をジャニーズに残るよう説得したと報道されて以降、『SMAP』ファンからはたたかれ続けてきた。

もし今回のニオわせ投稿も非難を承知でやったのならば、工藤の心臓には毛が生えているのかもしれない。

【あわせて読みたい】