どっちも最低?『#リモラブ』波瑠の“行動”にイライラ「ダメでしょ」

#リモラブ~普通の恋は邪道~ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

12月16日、波瑠主演のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の第9話が放送された。メインキャスト2人にヘイトが溜まり、ネット上ではどちらが悪いのか論争が起こっている。

主人公は、恋愛をさぼってきた〝おひとり様〟産業医・大桜美々(波瑠)。「コロナパニック」の世の中を過ごす中で、ふとオンラインで知り合った相手「檸檬」にSNSで恋をしてしまう。しかも相手は、どうやら社内にいるらしい…というストーリー。

これまでの話で、「檸檬」の正体は青林(松下洸平)だと判明。そしてついに美々と青林はお互いの素性を明かして付き合うことになった。

第9話では、青林が美々をキャンプデートに誘う。この時期にキャンプ? と思った美々は、青林の同僚であり、一瞬付き合ったことのある五文字(間宮祥太朗)に相談することにした。

だがここで、青林は美々と五文字がメッセージのやり取りをしていることを知ってしまう。するとその後のキャンプでは、青林はどこかよそよそしい態度に。そして帰宅してから、美々が五文字とメッセージをやり取りしているのを見ると不満が爆発。嫉妬していたことを明かし、プロポーズする予定だったけど中止したことなどをぶちまけた。

これに美々は「どうして今言うの?」と応戦。「もういい、帰って」と青林を突き放すのだった。

「さすがに元カレと個人チャットはダメじゃない?」

ネット上では、このすれ違いについて意見が真っ二つに。青林が悪いとする派は、

《全部の責任を美々に押し付けているようで最低。プロポーズする予定だったとか言っちゃダメでしょ》
《めんどくせぇ男だなぁ》
《青林はすべて自分のペースで生きてて、自分の思い通りにならないと黙る上にキレるんだね》

などといった声を上げた。一方で美々が悪いとする派からは、

《さすがに元カレと個人チャットはダメじゃない?》
《美々先生擁護派が多くて驚いた。男女逆なら普通に美々がフルボッコにされる案件でしょ》
《元カレと隠れて連絡取っているなんて知ったら普通にショックだよ。自分をバカにしているのかとか疑心暗鬼になる》

などの意見が。

ドラマの制作側からすれば、視聴者の意見の相違は〝してやったり!〟といったところだろうか。

【あわせて読みたい】