トム・クルーズのブチギレに称賛の声! 日本人は“パワハラ慣れ”しすぎ!?

(C)Pormezz / Shutterstock 

1996年に第一弾が公開され、一躍人気作品となったトム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ。その最新作となる第7弾の撮影中、トムが現場スタッフに〝激怒〟したという。イギリスのダブロイド誌『The Sun』は、彼の〝音声データ〟と共に今回の件を報じていた。

トムが激怒したのは、イギリスで同映画を撮影中のこと。彼は〝ソーシャル・ディスタンス〟を守らず、近距離でモニターをチェックしていたスタッフに怒りを覚えたようで、音声には「次やったらクビだ」「他のスタッフもだ! 二度とやるんじゃないぞ」といった注意を促す内容が。

ほかにも「僕たちは映画業界のお手本なんだぞ! 業界の未来と向き合っているんだ!」「この映画だけは絶対に中断させない!」「僕らは何千もの人たちの仕事を生み出してるんだ! この野郎!」と〝Fワード〟を使いながら、熱心に語るトムの声が録音されていたのだった。