『シン・エヴァンゲリオン』完成! いまいち盛り上がらないのは『Q』が原因?

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

12月17日、庵野秀明監督による待望の最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が完成したと公式ツイッターで発表された。これに対して、ファンからはさまざまな反響があがっている。

2007年から公開されている『新劇場版』シリーズの第4作品目にあたる『シン・エヴァ』。前作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から、およそ9年の時を経て公開される同シリーズの集大成といえる作品だ。

ちなみに「新劇場版」シリーズは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をベースに、新たなキャラクター設定とストーリーで再構成した劇場公開作品。2007年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を皮切りに、2009年に『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』、2012年に上述の『Q』が公開されている。