『行列』フワちゃんの“失禁”蒸し返して批判「紛れもなくイジメ」

フワちゃん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

12月20日に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)が生放送され、フワちゃんが罰ゲームに臨んだ。番組はフワちゃんの「過去の失敗」を取り上げて再度放送したが、視聴者はフワちゃんへのいじめだと批判の声をあげている。

前後半で4人ずつ、計8人の今年懺悔すべき行動を番組が取り上げ、VTRにまとめた。視聴者投票で選ばれた人物が、クリスマスにちなんで赤・緑のバズーカ砲を体に浴びる罰ゲームを受けることに。前半は『KAT-TUN』の上田竜也が投票数トップとなった。

後半はフワちゃん、長嶋一茂、『アンジャッシュ』の児嶋一哉、『かまいたち』の山内健司が懺悔すべき内容をVTRで公開されていく。

フワちゃんの「失禁事件」は懺悔に値する話?

フワちゃんは『24時間テレビ』(同)の生配信で、大笑いするあまり失禁。後ろを向きながら「一回タオル持ってきて! 漏らした!」とお願いする場面が流された。

直後「これだけでも十分懺悔になるが…」とのナレーションが入り、別のエピソードが紹介される。それは番組の打ち合わせ音声で、フワちゃんが「テレビを家扱いしている」とし、テレビ局スタッフの仮眠室で睡眠をとり、局のシャワー室も拝借していると明かすものだった。

結局、フワちゃんは3万3744票を獲得し、2位の長嶋に約4000票差をつけて圧勝。強烈なバズーカ砲を浴びたが笑顔を浮かべ、香里奈が「口を開けてやるのが、すごい芸人魂を感じました」とほめると、フワちゃんは「まじでー? じゃあ香里奈、私とハグしようや」と両手を広げて場を和ませた。

フワちゃんは明るい態度を見せ続けたが、視聴者はフワちゃんの「失禁」話を蒸し返したことが気に入らなかったようだ。

《フワちゃん大好きだから、あの件でいじった行列に少し嫌気が… かわいそう 芸人である前に人間だし、女性なのに》
《行列のできる~ってもう訴えられたら負けそうな番組早く畳んだ方がよいのでは…?》
《漏らしたくて漏らすわけないのに、蒸し返されて懺悔させられる意味がわからん》
《フワちゃんのいじり、普通に不愉快》
《フワちゃんの24時間テレビのいじり、普通にかわいそうに思えてくる》
《あの話をずっといじり続けるのってさ、紛れもなくいじめだと思うんだよね》

優しい視聴者が多いようだ。

【あわせて読みたい】