『NiziU』の汚い食事マナーに悲鳴「犬食いはやめろ!」「持って食べろ」

(C)Tiko Aramyan / Shutterstock 

今年を代表するガールズグループ『NiziU』が、12月19日放送の『嵐にしやがれ 2時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演。グルメ企画に挑んだのだが、視聴者からテーブルマナーに関する指摘が相次いだ。

「NiziU」は今年流行した人気グルメをかけ、クイズに正解したら実食できる「デスマッチ」企画に挑戦。生クリームやチーズを使用したカルボナーラライス、「TRYラーメン大賞」を受賞した醤油ラーメンなど、スタジオには画ヂカラのあるグルメが続々と登場した。

「NiziU」が食リポに挑戦するのはこれが初めてとのことで、メンバーはみな初々しくも華やかな様子で味や食感を伝えていく。拙いながらもフレッシュな姿に、『嵐』の大野智は思わず「かわいい」と漏らし、スタジオの笑いを誘っていた。

しかし、かわいらしい姿のかたわら、彼女たちのマナーには気になる点が。「嵐」メンバーがきちんと皿を持って口に運ぶのに対し、全く皿を持たずにいわゆる〝犬食い〟をしていたのだ。

韓国生活の影響か?

この食事作法に対し、視聴者からは

《汚い》
《誰も茶碗持って食べないの何で? マナー悪すぎるでしょ》
《え…器持って食べてる子がいないんだけど》
《器が小さいんだからちゃんと持って食べろ。麺は切るな。見栄えが良くない》
《犬食いはやめろ!! 汚ねえな!!》

などと苦言が噴出してしまう。いくら10代で若いとはいえ、恥ずかしい姿を見せてしまった。

「『NiziU』メンバーはデビューに向けての猛特訓に、今秋まで韓国で強化合宿とも言える生活を送っていました。その韓国では茶碗を持って食べることが正しいマナーだとはされていませんから、あちらの生活に馴染んだ結果、皿を持つ習慣が抜けてしまったのではないでしょうか。留学経験者がよく体験する、現地の作法が抜けないというやつでしょう」(韓国事情通)

とはいえ、まだ高校生ほどの年齢の彼女たちには、矯正の余地が十分にある。デビュー曲『Step and a step』の歌詞のように、「私だけのペースで」いいので直してほしいところだ。

【画像】

Tiko Aramyan / Shutterstock

【あわせて読みたい】