吉田鋼太郎“セクハラ三昧”で好感度ダダ下がり「職権乱用」「キモい」

(C)ilolab / Shutterstock 

ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の〝ヒロイン役〟で一躍女性人気を獲得した俳優の吉田鋼太郎が、ここのところ好感度を下げまくっている。

12月21日放送の『ごごナマ』(NHK)に出演した際も問題発言が飛び出した。番組で吉田にまつわるウワサとして、〝台本に書かれていないのにキスをする〟という話が持ち出された。具体的なお相手として仲間由紀恵、白石加代子、そして男性の林遣都まで、そうそうたる名前が並ぶ。

すると吉田は、明らかに動揺した素振りを見せながら「結果として良かったわけですからね」「キスはしたい。したいかしたくないかって言うと、したいですよそりゃ」などと弁解していた。