『NiziU』の音楽ジャンルは!? 死語になりつつある“J-POP”という概念

Roman Samborskyi / Shutterstock

ここ最近、『NiziU』や『TWICE』、『IZONE』といったガールズグループが人気を集めている。日本に馴染みのある音楽ジャンルといえば〝J-POP〟だったが、その常識が変わり始めているようだ。

かつて日本の音楽シーンは歌謡曲がメインだったが、1989年ごろにJ-POPの概念が誕生し、その後、大きな枠組みとしての音楽ジャンルとして確立された。J-POPの発祥は当時、洋楽などをメインに流していたFMラジオ局の『J-WAVE』。他国のポップスと、日本のポップスを区別するためにJ-POPという概念が生み出されたのだ。

長らく日本のメイン音楽シーンはJ-POPがメインだったが、近年は日本でも〝K-POP〟のマインドが浸透しつつある。K-POPといえば、上述の3グループのように、ハイレベルなダンスや洗練されたパフォーマンスが特徴的だ。

「NiziU」は日本人9人組グループだが、それ以外のアイデンティティは完全にK-POPのマインドなのは、有名だろう。現在の「NiziU」は幅広い世代から絶大な支持を受けており、デビュー曲『Step and a step』のミュージックビデオは、YouTubeに投稿されて10日あまりで3000万再生を突破。今、日本で最も勢いがあるグループと言える。

このことを含め、多国籍グループが勢いを増していく一方、J-POPの概念がなくなりつつある印象。海外でK-POPといえば、『BTS』や『BLACKPINK』を指し、サウンドを含めて最新のジャンルとして確立されている。しかし、海外目線での「J-POP」は、山下達郎や竹内まりや、松原みきなど、80年代前後のシティーポップ的な音楽を指し、現在は海外でにわかにブームになっている。そのため、現行のJ-POPは音楽的なアイデンティティがどこにもない、もしくは約40年間も音楽的なフォーミュラが変わっていないと言え、国内外で認識に差異が生まれているのだ。

もう「J-POP」と呼ぶのはやめませんか?

日本国内で呼称されるところのJ-POPというジャンルは、〝平成〟という元号とともに、姿を大きくしていった。国内向けの音楽としてしか機能しておらず、文化的に鎖国された状態の日本において、外資系CDショップと音楽事務所を潤すために成長してきた。

現にタレントの‶めるる〟こと生見愛瑠は、12月15日放送のクイズ番組『そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系)で、「ミスチルを知らない」という旨の発言を繰り出し、物議を醸していた。〝J-POPの象徴〟というべき『Mr.Children』はひとつ役割を終えたとも言える〝令和〟を迎え、「J-POP」の在り方も変化するときなのでないだろうか。

「近年、アジアのカルチャーシーンを世界中に発信するメディアプラットフォーム『88RISING』や、多国籍コレクティヴ『Superorganism』のような多国籍グループが注目を集めています。今後グローバルな目線でみると、‶バンド〟ではなく、共同体としての〝コレクティヴ〟という考えが、より一般的になるでしょう。日本は良くも悪くも〝ロック〟というジャンルが生き延びており、音楽文化的には閉鎖されています。『NiziU』のアイデアも韓国発のものであり、J.Y. Parkを中心としたアジアという地域的なコレクティヴと呼べるかもしれません。日本国内でジャンルを指すJ-POPは、歌謡曲と同様に、墓場に追いやるべきだとすら思います」(音楽ライター)

昭和=歌謡曲、平成=J-POPときて、令和時代に生み出される音楽は、なんと呼ばれるのだろうか。少なくとも、現在のJ-POP的な価値観の中で生きている人が、そのジャンルと名前を生み出すことは不可能だろう。

【画像】

Roman Samborskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】