加護亜依が“恋レボ”を披露! 変わらぬ歌声にファン歓喜「くそかっこいい」

加護亜依 

(C)まいじつ 

『モーニング娘。』の元メンバー・加護亜依が12月18日、自身のYouTube公式チャンネル『加護ちゃんねる』を開設。『恋愛レボリューション21』を熱唱する動画を公開した。

加護は「ここ10年くらい、お芝居やライブなどいろいろな経験をさせてもらいましたが、この業界に入ったときに抱いていた〝歌手でいたい〟という気持ちが今もある」とコメント。「これからね、どんどんどんどん皆さんにリクエストをいただいたりして、色んな曲をアレンジして歌っていけたらいいなと思っているので、ぜひ皆さん、コメント欄にもメールにもお寄せください」と今後の抱負を語った。

加護は2000年に『モーニング娘。』第3回追加オーディションに合格し、芸能界デビュー。矢口真里、辻希美らとともに身長150cm以下のユニット、『ミニモニ。』を結成して人気を博した。しかし2006年、未成年であるにもかかわらず、都内のレストランで喫煙していたところを写真週刊誌に激写され、謹慎処分を受けた。さらに翌年、今度は別の週刊誌に喫煙しているところを暴露され、事務所を懲戒解雇になっている。

加護亜依の“現在”に安心の声

「2度の喫煙に不倫、さらには自殺未遂など幾度ものスキャンダルで、お騒がせ芸能人の名をほしいままにしてきた加護。しかし、2016年に美容関係の会社経営者と再婚してからは、落ち着いた生活をしているようですね。もっとも、芸能活動はほぼ開店休業状態で、今後はYouTubeチャンネルを中心に活動していくようです。最初の結婚相手からは暴行を受けるなど、散々な夫婦生活でしたが、再婚相手は全面的に加護をバックアップしています。夫婦仲もいいようですよ」(芸能記者)

今回の〝恋レボ〟動画には、

《最高のキャンディーボイス。この声の貴重さがわからない日本の音楽業界は終わってる》
《まさか加護ちゃんの恋レボがまた聴けるなんて…。嬉しすぎて涙が止まりませんでした》
《加護ちゃん安定に歌上手い…アレンジくそかっこいい…》
《「あれ、加護ちゃん」って思って覗いたら6分後には泣いてた。これだよ、加護ちゃんが楽しそうに歌ってるところが見たかった》
《こんな音域の広い曲をサラッと歌ってしまう器用さが、加護ちゃんの凄いところだと改めて実感しました》

といった絶賛の声があがっている。

同日、続けて投稿した動画では、『加護亜依が全部話します』と題し、過去のトラブルを振り返った加護。今後は心優しい旦那さんのバックアップを受け、あらたなスタートといきたいところだろう。

【あわせて読みたい】