コンドームを巻き付けて…『紅白歌合戦』伝説の放送事故とは

本木雅弘

(C)まいじつ

長時間の生放送ということから、毎年なんらかのハプニングが起こっている『NHK紅白歌合戦』。数ある放送事故の中から、いくつかをピックアップして紹介しよう。

まずは、1990年の第41回大会で歌手の長渕剛が起こした事件。ドイツ・ベルリンから衛星生中継で出演した長渕だが、登場するやいなや「NHKのスタッフはみんなタコ! タコばっかりですわ!」と暴言を吐く。そして予定されていた時間を大幅に押して、なんと3曲計17分30秒も歌い続けたのだ。その結果、他の出演者たちの時間が削られて、大御所歌手たちが激怒。長渕はしばらくNHKを出禁になったと言われている。

なお、2003年に長渕がこの時以来の紅白出場を果たした時には、記者会見で当時のことを「正直、あれはあれでよかった。ただ、あのころのボクは今思うと、ずいぶん生意気なガキだったと思う」「ぼくは3曲という約束どおりに歌い、責任を全うしただけ。ただ周りのバランスからしてみれば、ちょっと突出してた。だから『この若造が』と誤解されたかも」と、振り返っていた。

コンドームをつけた本木雅弘

続いては、1992年の第43回大会で本木雅弘が起こした事件。井上陽水の楽曲『東へ西へ』のカバーでソロシンガーとして紅白に初出場したのだが、この時に本木は、首の周りにコンドームへ白い液体を入れたようなものをいくつもまきつけて登場したのだ。

これについて本木は2018年の『ほぼ日刊イトイ新聞』で、「当時は、ああいう身投げ行為みたいな感じ… 何て言ったらいいのか、『もう二度と呼ばれることもないだろうから、変わったことやって帰ろうぜ』って」と回想。インタビュー内では自らはっきりとコンドームと口にしていたことから、完全に狙って起こした事故だとわかる。

今の時代であれば、世間から強烈なバッシングをくらうであろう大物芸能人の大事故。ある意味、時代を象徴するパフォーマンスだったと言えそうだ。

【あわせて読みたい】