『逃げ恥』新春SPは新垣結衣の試金石!“カワイイ女優”からの脱却なるか

新垣結衣 

(C)まいじつ 

2016年に連続ドラマ版が終了してから4年、大ヒットドラマの続編『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系)が、1月2日に放送される。

昨年9月に、メインキャストの新垣結衣、星野源、藤井隆、古田新太らが『ぴったんこカン・カン』(同系)に出演。新春スペシャル版の放送をサプライズ発表し、ファンから《正月まで待てない!》《放送がめちゃ楽しみ》などと、歓喜の声があがっていた。

「正月SPでは、新垣演じるみくりと、星野演じる平匡との間に子どもが誕生。親となった2人に起きる人生の転機を、どう乗り越えるのかが見どころです。また、2018年以来、主演を務めていない新垣が、どんな演技を見せるのかにも注目が集まっていますね。新垣は『逃げ恥』終了後、2018年に出演したドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が視聴率8%台の爆死。女優としての評価が急落しています。本人も自信を喪失したようで、CMを中心に活動していくと考えていたようですね。もっとも、『逃げ恥』のみくりは新垣の当たり役だけに、さすがに今回ばかりは気合も十分だといいます。高視聴率をマークすれば、再びドラマを仕事の中心にシフトしてくるかもしれませんね」(エンタメ誌記者)

『逃げ恥』正月SPがガッキーの試金石!

新垣にとって鉄板作品なだけに、ファンも手放しで喜んでいるようだが、問題は今後の女優としての活動だ。深田恭子や石原さとみが、軒並みセクシー路線に舵切りしているだけに、32歳の新垣もそろそろイメチェンしたいところだろう。そんな心配をよそに、12月24日発売の『週刊文春』が、新垣の〝ドラマ出演内定〟を報じた。記事によると、ドラマは10月期のTBS系火曜22時放送ということで、『逃げ恥』と同じ枠だ。

このニュースにネット上からは、

《女優として難しい時期になってきたから、かわいらしい印象からの脱却を図りたいところ。声がかわいらしいところが、年齢を経てイメージの転換を難しくしている》
《良いニュースだけど、新垣結衣に限らずかわいいキレイな女優さん=ヒットドラマとはならないのが昨今。主役に拘らず、大河の姫様など重みのある役柄へのシフトが必要な時期かとは思う》
《素敵なニュースですね。楽しみです。みくりさんの新生活のぞいてみたいですが、新たな新垣さんのお話も観たいなぁ》
《話題にはなりますし、期待して初回は見るかもしれませんが、ドラマはキャストじゃないんだよね。内容なんだよ》

といった声があがっている。

現役女優の中で1、2位を争う好感度を持つ新垣だけに、今回の『逃げ恥』SPで、ドラマの成功に弾みをつけたいといったところだろうか。

【あわせて読みたい】