タメ口は甘え!? アンタ柴田“タメ口タレント”に痛烈ダメ出しで称賛殺到

柴田英嗣 

(C)まいじつ 

10月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、〝タメ口タレント〟への不満を口にした『アンタッチャブル』柴田英嗣。当時の未公開映像が、12月18日の放送で公開された。

10月の放送回で「これ、今さら言うのダサイんですけど…タメ口をきくタレントってどうなんですか?」「俺がリスペクトしてる人にタメ口を使われてるのが、めちゃくちゃ腹立つんですよ」と訴えていた柴田。18日の放送では「実はまだまだ怒っていた」と続きが放送され、「お笑い芸人としてよ? これコアな話『タメ口きいてるのが面白いでしょ』的な出し方されちゃうとイラつく」と語り始めた。

「こっちは本当に話の構成もきちんとしてきて、振りに対する正解もちゃんと…」と、タメ口タレントへの強い怒りを滲ませた柴田。『千鳥』大悟や『ダウンタウン』松本人志といった出演者は否定的な反応を浮かべたが、柴田は「『松っちゃんが!』っていうところで『誰が松っちゃんや!』とか、簡単に笑い取ってるメカニズムが嫌だ!」と、テーブルを叩いて怒りをあらわにしていた。

『アンタッチャブル』柴田英嗣の意見に共感

松本が「簡単に笑い取れる一番の方法よね、確かに」と一部同調すると、「千鳥」も「失礼ボケっていうね」と松本の意見に乗っかっていく。柴田ほど怒りは覚えないだけで、タメ口が手軽なボケだという印象は抱いているようだ。

放送では微妙な反応に終わったが、ネット上には

《柴田さんの考えは非常に共感できました》
《周りが甘いとつけ上がるだけ》
《たとえバラエティーでもせめて丁寧語で喋ってほしいものだ》
《ほとんどのタレントが守っている秩序を無視している姿は醜く映る》
《自分もタメ口はどうかと思います。やはり礼儀とか有ると思います》

など、柴田への賛同が相次ぐことに。10月の時点でも反響集めた発言だったが、改めて共感を得ることとなった。

今年、最もブレークしたタレント・フワちゃんは、何を隠そうタメ口キャラで人気を博した人物。柴田はこの現象に何を思うのだろうか。

【あわせて読みたい】