次期『朝ドラ』ヒロインが“忖度”で決定? 売れっ子の起用に「裏がありそう」

上白石萌音  川栄李奈 

(C)まいじつ 

NHKは12月24日、2021年度後期に放送する連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』のヒロインが、女優の深津絵里、川栄李奈、上白石萌音の3人に決まったと発表した。上白石と深津は、朝ドラ初出演となる。

同作は朝ドラ史上初めて、ヒロインが3人登場する作品。祖母(上白石)、母(深津)、娘(川栄)の3世代に渡ってヒロインが変わっていくという異色作だ。今回のヒロイン選出のため、オーディションが実施され、上白石と川栄は全3061人の応募者の中から合格。オーディションを経て主演が決定するのは2018年の『半分、青い。』以来となる。

ベテランの深津に加えて、今をときめく上白石と川栄の2人が登場することで、早くもファンからは

《上白石萌音がヒロインかぁ。今、一番人気があるし楽しみだな》
《川栄さんは以前にも朝ドラ出てたよね。今度はいよいよヒロインか。順調に出世してるね!》
《ヒロインが3人っておもしろいな。みんな演技上手いし、今から放送が楽しみだ》

などと期待の声があがっている。

『朝ドラ』のヒロイン選抜に相次ぐ疑問

しかし一方で、売れっ子女優が順当にオーディションでヒロインの座を射止めたことに、なんらかの〝忖度〟があったのではないかと疑う声も…。実際にネット上では、

《大手事務所に在籍して、それなりの地位にいる人たちがオーディションで選ばれたと言っても、にわかに信じることができないな。裏がありそう》
《旬な人を選ぶのは純粋なオーディションではないと思う。むしろ1人くらい無名の人を選んでもよかったのでは?》
《最初からこの2人に決まってたんじゃないの? 個人的に朝ドラヒロインは、新人の大抜擢が良かったわ》
《川栄と上白石をオーディションで…と言われてもなあ… 「NHK推し」で起用したんでしょ》
《朝ドラといえば昔は素人同然な新人の登竜門だったのに、最近のNHKはもう観るのが嫌になるほど冒険をしないよね》
《深津絵里! 嬉しいけど、川栄と上白石か…。この2人のバックには何がついてるんだろうか。怪しいわ》

などといった声が寄せられている。

「川栄は昨年11月に第1子を出産したばかり。幼子を抱えながら、大阪放送局での撮影に対応できるのか心配する声もありますね。かつて、朝ドラのオーディションは、新人女優発掘の場にもなっていたのですが、最近はすでに活躍している有名女優が選ばれることが増えています。オーディション自体が形骸化しているのでしょうね」(芸能記者)

もし、最初からヒロインが決まっていたとしたら、残る3059人の応募者はやるせない気持ちだろう。

【あわせて読みたい】