50代後半で大ブレーク!「遅咲き俳優」として思いつくのは…?

(C)まいじつ 

令和ドラマで最高視聴率を叩き出し、またも社会的ムーブメントを巻き起こした大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)。今回は、池井戸潤氏の原作『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』には登場しない、ドラマ前作の宿敵・大和田暁(香川照之)をフル稼働させ、柄本明や北大路欣也による大物俳優対決も見どころとなった。なかでも逆転劇に華を添えたのが女優の江口のり子の存在だろう。

「彼女は『劇団東京乾電池』という劇団出身の実力派女優で、クールな見た目にスラッとした長身が特徴の40歳。『半沢』をきっかけに一躍知名度を全国区にしたものの、あるインタビューでは、『世間の注目度が高い作品にたまたま出演しただけで、私自身は何も変わってません』とさっぱりと話し、第一印象がクールに見えがちな点については『もう(自分から明るく接することは)無理です。する気もない』と諦観めいた〝塩発言〟で、逆に世間の好感度を高めています」(芸能ライター)