グルメ王・寺門ジモンのYouTubeがガチすぎる…! 渡部建の失脚で追い風か

寺門ジモン 

(C)まいじつ 

2020年9月、芸能人が続々とYouTubeに進出する流れに乗り、1人の男がYouTubeデビューを果たした。芸能界最強のグルメ王『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモンだ。そしてこのチャンネル、ジモンの変人ぶりが遺憾なく発揮され、その凄まじさを改めて世に知らしめている。

記念すべき最初の投稿となったのは、ジモンが「肉の天竺」と呼び、各メディアでも頻繁に紹介している、都内の焼肉店・スタミナ苑。まさに、初回にふさわしいチョイスと言えるが、なんとこの回、店に並んで席に着くまでで終わってしまった。次回はメニュー紹介に入ったが、紹介したのは、モツ煮込み、サラダ、キムチといった前菜や副菜。肉には第3回でようやく突入と、丁寧な紹介による「スタミナ苑愛」が伝わってくる。

そしてこの肉、焼くところはなんとノーカット編集。焼く時間から返すタイミングまで、ジモンの動きをなぞれば、同じように味わえるようになっているのだ。その後もジモンは、焼肉店でのロケをメインに、動画を続々と投稿。しかし、どの回も彼のこだわりが見えるものばかりで、ありきたりなグルメロケとは一線も二線も画している。

改めて注目したい「ガチなグルメ王」

10月投稿のイタリアンレストラン動画でも、そのこだわりを垣間見ることができる。冒頭、スタッフから苦手なものを聞かれたジモンは、「雑なものが嫌いです」と即答。1皿目の前菜を口にすると、「ちょっと微妙」「サーモンとチーズときゅうり。まぁそんなもんだな」と、やはりただのグルメロケではない、正直コメントを発している。

店員にも、「カカオを使うとカカオの香りになっちゃって、苦味でトマトが分かんない」とアドバイス。平日の昼や土日の午後にやっているようなグルメ番組とは、明らかに毛色が違う〝ガチ〟であることが分かるだろう。

「ご存知の通り、『アンジャッシュ』渡部建が失脚したことで、グルメタレントとしてのジモンは、再注目されつつあります。渡部はうさん臭い上に毒にも薬にもならないコメントしかしませんが、ジモンは食に関しては妥協せず、特別に取材を許されている取材拒否の店や、反対に店主の怒りを買って出禁になった店は数知れず。家畜商の免許を取得し、牛を〝ブロック買い〟どころか〝1頭買い〟するほど、その情熱は本物です」(グルメライター)

YouTube内でも、第3回の「スタミナ苑」動画最終回にて、ジモンは自身のチャンネルを「拡散しないでいいよ」と宣言。スタッフに「『チャンネル登録お願いします』とか普通言うんですよ」とツッコまれても、「チャンネル登録しなくていい!」「媚びることがプラスになる人もいますよ? でも俺は媚びたら終わり」と、周囲の評価より、妥協を許さないスタイルを貫くことを誓っている。

我を貫き過ぎるのが玉にキズだが、その熱意に嘘はないジモン。これを機に、彼のYouTubeをチェックし、仮りそめのグルメ王・渡部とは違う「本物」に触れてみてはいかがだろうか。

【あわせて読みたい】