「海老蔵さんご立派でしたね」離婚危機疑惑の上沼恵美子が改心か

(C)まいじつ

タレントの上沼恵美子が6月25日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)で、歌舞伎俳優の市川海老蔵が開いた記者会見を振り返った。番組では冒頭から、妻の小林麻央を乳がんで亡くした海老蔵の記者会見について取り上げた。

上沼は「海老蔵さんご立派でしたね。(中略)ミヤネ屋で拝見しましたけど。泣きましたわ」、「最後に麻央さんが《愛している》って。《不思議ですね。愛されていること分かってたけど、こんなに愛されてるとは思わなかった》っておっしゃったでしょ。わたしねえ。ごめんなさいね。こんな天国の上がられ方すると、海老蔵さんたまらんよな」と言って涙ぐんだ。

続けて「麻央さんは天使だけど、何でそんなこと言えるんだろう、すごいなと思って。長年連れ添ったから絆とかそんなん違う。すごい鳥肌っていうか(身体を震わせて)《ハぁーっ》ってこんなになりました。(中略)うち(結婚して)40年なんですけど、言うたら足元にも及ばない愛を感じました」と熱弁した。

 

3週間前に夫を大批判した上沼だが…

また、「こんな美しい夫婦って見たことないわ。悲しいよ、悲しいけど。勸玄(かんげん)ちゃんとかも、周囲のおばあちゃまとかが立派でらっしゃるから、絶対大きくなっていかれますから。安心されたらいいと思いますよ。(中略)親としたら、一番心残り、一番かわいい盛りやし、もうどうしよ思うくらいです。頭おかしくなるくらい悲しい。でも、あとちゃんとされますから。周囲の方がちゃんとされますから。麻央さんはゆっくり休んで大丈夫ですよ」とメッセージを送った。

6月4日の同番組放送では、自分の夫への不満をぶちまけていた上沼だが、「年は大分いってるんですけども、教えていただきました。(記者会見を見て)主人を大事にしようと思いました。はい。あたしそう思いました。大事にしてるんですよ。してるんです。テレビで言うてるのはね、面白おかしく言ってるだけであって。大好きだから結婚したわけで。(中略)ご夫妻に手を合わせたいくらい。私は影響を受けました。夫を大事にします。これから」と、考えを改めたことを明かした。

どうやら上沼は“愛”に飢えていたようだ。

 

【あわせて読みたい】

誰もマネ出来ない「鉄腕DASH」のグルメ企画に不満の声殺到

佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太

木村沙織が見せた「ランドセル姿」に後輩と関係者がドン引き

なぜ中居も独立しないのか|中居正広の決断 その1