『王様のブランチ』渡部建に嫌がらせ? エグい悪乗りに「流石にかわいそう」

渡部建 

(C)まいじつ 

12月26日、この日が年内最後の放送となった『王様のブランチ』(TBS系)が、エンディングにて笑いを誘う〝とある演出〟を行なった。しかし、視聴者からは悪ノリが過ぎると映ったようで、ネット上には否定的な反応が多くあがることとなった。

問題のシーンがあったのは番組ラスト。番組はスタジオパートでCGを使い、MC陣の横に花のCGを表示するなど、演出で華やかさを醸し出していた。エンディングでもこの演出は行われ、エンドロールが流れ終わった頃、ラストを飾ろうと風船のCGが。青空のCGも表示され、天高くへと風船が舞っていった。

すると、風船の中の1つが1回転し、不倫問題を起こした元MC『アンジャッシュ』渡部建の顔が。渡部が描かれた風船が飛んだことで、存在は忘れていないという、ユーモアや仲間意識が感じられる粋な演出となった。

『ブランチ』が風船で渡部イジり

しかし、番組が終了する直前、渡部の風船は「パン!」と音を立てて破裂し、粉々に。この演出に対して視聴者からは、

《それだけTBSもぶちギレてるってことやろ》
《ほんまに芸能関係者みんな嫌ってる見たいやし残当》
《佐藤栞里泣かせた罪はデカイで渡部》
《破裂音まで出てて草》
《渡部の風船出てきたwww そして渡部だけ割れるwww》

と理解を示す声もあがったが、一方で

《普通にいじめだろ。流石にかわいそう》
《悪いのは渡部さんだけど、必要以上にいびるブランチの性格の悪さよ》
《船に渡部の顔面貼り付けて爆発させる。胸糞悪過ぎる》
《スタッフマジで頭逝ってるな》
《渡部擁護ではないけどただただ気持ち悪い》
《これはアカン 渡部がクズなのと渡部にクズなことしていいかは別問題》

など、イジメに近い陰湿な演出だという批判が上回った。

「今回の演出はあくまでユーモアであって、渡部を陥れるつもりはそれほど感じられません。しかし、破裂したのは終了間際で、誰もこの演出に触れる間もなく放送が終わってしまった。これによって後味の悪さが生まれた他、フォローがなかったことで笑いのくだりと理解できず、悪意を感じる人も出てしまったのでしょう」(テレビ局関係者)

ユーモアを込めて贈ったメッセージだったと信じたいが、果たしてその真意は…。

【あわせて読みたい】