いまだに24時間テレビの「ランナー」が発表されない理由

(C)Shutterstock

今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)は8月26~27日に放映されることがすでに発表されているが、恒例のマラソンランナーは誰なのか、いまだに発表されていない。例年ならば早くて5月末ごろに発表されているものだ。

「情報ではベッキーや元『SMAP』の草彅剛、ブルゾンちえみなどにオファーがあったという話が錯綜していましたが、どうも全部ガセ情報だったようです。現実としてはお笑い芸人になるのでないかというのが、われわれ記者のあいだでの見立てです」(芸能記者)

24時間テレビのランナーは、走ることに感謝しないと務まらないという“建前”がある。昨年走った落語家の林家たい平は、オファーが来たときにこう思ったと語っていた。

《笑点50周年の展覧会に行って、笑点がたくさんの人に愛されていることを感じた。その後に『走ってくれませんか』と言われた。50周年の今、自分がここにいる意味、師匠が倒れてしまった意味、歌丸師匠が勇退なさる意味。いろんなことが怖かったけど、全てが背中を押してくれた。師匠が元日に『俺は絶対に復帰するから』と言ってくれた言葉を受け、弟子として何かできないかと思っていた》

「ランナーには走るための“大義名分”がないといけません。イメージ的には、『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音あたりがみそぎのために走るのが話題を呼びそうですが、もちろん無理でしょう。ほかの線だと、“人生に苦労している誰か”を探せ、という話になってきます。もしくは新生活に向かい、気合いを入れたい誰かでしょう」(前出・記者)

 

記者のあいだで出てきた渡部建の名前

そのため、芸能記者のあいだで出ている名前が、佐々木希と結婚した『アンジャッシュ』の渡部建だという。

「佐々木と結婚したことで妬みの対象になっている渡部ですが、新生活のVTRを上手く作ることで好感度につながるでしょうし、佐々木は佐々木で良妻ぶりがアピールできるでしょう。視聴率も計算できるし、いいことづくめではないでしょうか」(民放テレビ局関係者)

6月23日にマラソンランナーが発表されるという見方もあったが、それは実現しなかった。

「6月23日に『24時間テレビ』の記者会見が行われ、メインパーソナリティーを務める『嵐』の櫻井翔、『KAT-TUN』の亀梨和也、『NEWS』の小山慶一郎らが出席しました。そして、ドラマスペシャルでは亀梨主演で、作詞家の阿久悠の姿を描くことが発表されました。ここでマラソンランナーの発表もあると思われたのですが、この日は小林麻央さんが亡くなったことが明らかになった日で、たとえ誰がランナーを務めるのであれ、話題として取り上げられることは無理な状況でした。少し延期したのかもしれません」(テレビ雑誌編集者)

いずれにせよ、発表はもう間もなくだろう。

 

【画像】

(C)rdonar / Shutterstock

【あわせて読みたい】

誰もマネ出来ない「鉄腕DASH」のグルメ企画に不満の声殺到

佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太

木村沙織が見せた「ランドセル姿」に後輩と関係者がドン引き

なぜ中居も独立しないのか|中居正広の決断 その1