『有吉ゼミ』ギャル曽根のウソ発覚!?「嫌いだったはずだけど…」

ギャル曽根

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月28日の『有吉ゼミ』3時間SP(日本テレビ系)で、番組の名物企画「チャレンジグルメ」が放送された。ギャル曽根が4キロオーバーの蕎麦にチャレンジしたのだが、視聴者からはツッコミが殺到している。

この日は、ギャル曽根、力士の大栄翔と翔猿、お笑い芸人のとにかく明るい安村が登場し、4.8キロオーバーのギガ盛りエビ天蕎麦の完食に挑戦することに。このメニューは、とり天や肉厚カボチャ天、春菊天、極厚レンコン天、特大エビ天が乗った超大盛メニュー。ギャル曽根は、蕎麦と天ぷらを交互に食べ、油を和らげる作戦でどんどん食べ進める。そして「そばは早めに食べないとダメ」「乾燥して喉が渇くので」などの大食いテクニックも披露し、見事62分11秒で完食した。

ギャル曽根って蕎麦嫌いじゃなかった?

視聴者からは、ギャル曽根のキレイな食べ方と相変わらずの食べっぷりに称賛の声があがっていた。しかし、一部からは

《ギャル曽根って蕎麦嫌いだったような…》
《蕎麦嫌いだったはずだけど、克服したのかな?》
《ギャル曽根って昔、蕎麦嫌い言ってたよなぁ~。あれはウソだったの?》
《観てて気づいた、ギャル曽根そば嫌い治したんか》
《昔そば嫌いって言ってたような。ウソだったのかな?》
《ギャル曽根、そば食べるようになったんだ? 何かの時、そば嫌いって、そば食べずに天ぷらだけ食べてた記憶がある》

などのツッコミも続出している。

「ギャル曽根が蕎麦嫌いだと言われる理由は、以前放送された『元祖!大食い王決定戦』(テレビ東京系)が原因でしょう。蕎麦対決の終盤で、ギャル曽根は蕎麦に飽きてしまい、おかずの天ぷらのみを食べて勝負に負けてしまった経験があります。しかし、彼女のブログではプライベートで蕎麦を食べたという記事があるので、嫌いというワケではないでしょうし、ウソをついた覚えもないはずです」(芸能ライター)

ギャル曽根が本当に嫌いなものは、レバーやナマコなどと言われている。実際にこれらのメニューが大食いチャレンジで出てきたら、彼女はどのように対応するのだろうか。

【あわせて読みたい】