『ネプリーグ』広瀬アリスが“下ネタ解答”を寸止め?「ドキドキした」

広瀬アリス 

(C)まいじつ 

女優・広瀬アリスが1月4日放送の『ネプリーグ』(フジテレビ系)に出演。クイズで共演者が思いがけず、下ネタの解答を口にするよう広瀬を誘導したのではと視聴者がザワついている。

広瀬はドラマ『知ってるワイフ』(同系)で共演する『関ジャニ∞』大倉忠義、瀧本美織、安藤ニコと登場した。

視聴者の間で話題になったのは、複数の解答がある問題を順に答えるクイズ「ハイパーボンバー」での出来事。広辞苑に掲載されている言葉から「お年玉」など語尾に「玉」が付く言葉を12個挙げることに。名倉潤、大倉、広瀬、瀧本、安藤、原田泰造の順に答えた。

名倉らは順に勾玉、ビー玉、目玉、飴玉、白玉と答え、5番手の原田泰造が赤玉、銀玉と2問答えると折り返し。安藤ら女優3人の番を迎えた。

語尾に「玉」が付く言葉を答えさせる

安藤は戸惑いながらも表六玉と答えて正解。瀧本も上玉、広瀬も大玉と素早く答えたものの、大倉が答えられずタイムオーバーとなった。

安藤、原田が白玉、赤玉、銀玉と色を表す単語を続けて口にしたことに視聴者はハラハラ。後に続く広瀬、大倉らが思わず「金」を付けて答えてしまうのではと想像し、結果下ネタ解答を回避したことに安どしていた。

《 白玉、赤玉、銀玉、って来たらもう次は一個しかないだろw》
《銀玉答えて金玉誘い出すの草》
《銀玉があるなら金もあるだろ》
《金をよく我慢した大倉!》
《銀玉が来たから、次の女優さんが金玉って言わないかなって期待したの俺だけじゃないよね?》
《赤玉、銀玉ときて、あの子よくキンタマって言わなかったなww 私なら絶対言っちゃってたわww》
《白玉・赤玉・銀玉…と色シリーズできたので、よからぬ答を(いや広辞苑には載ってるれっきとした単語だけど)浮かべてしまった》
《広瀬アリスが金〇って言わないか密かにドキドキしておる》

広瀬の脳裏にあの答えは浮かんでいたのだろうか。

【あわせて読みたい】