薄着&水着の季節到来!最新「アンダーヘア」処理事情

(C)Shutterstock

季節がだんだん夏へ向かい、薄着になることで、脇や手脚の“ムダ毛”が気になる季節。まさか、そのまま生やしたままになっている大人女子はいないと思うが、アンダーヘアの処理は“なおざり”という人もいるのでは?

自宅でできる簡単なムダ毛処理といえば、シェービング、毛抜き、除毛クリームなど。ほかにも家庭用脱毛器という選択もある。家庭用脱毛器は5~10万と値段も高いが、自分の好きな時間に好きな部位を脱毛することができる。エステサロンのキャンペーン価格で脇だけ脱毛したが、結局、手足、Tゾーンをプラスして…なんてことを考えれば、人によっては家庭用脱毛器の方が断然お得な場合もある。

家庭用脱毛器は大きく分けて3種類。“レーザー方式”、“フラッシュ方式”、“サーミコン方式”だ。

 

それぞれの脱毛法の特徴は?

レーザー方式は一番古くからある方法。毛根のメラニン色素にレーザーを当て、毛細細胞を破壊し、毛を作らなくする。効果は高いが多少の痛みがある。

フラッシュ方式は、現在のエステサロンの主流となっている方法。レーザーではなく、インテンスパルスライト(IPL)という光を当て、生える周期を遅くする。レーザーに比べて痛みも少ない。

サーミコン方式は、脱毛というより除毛に近い。カミソリのような感覚で使える。

カミソリよりも仕上がりがきれいと人気なのが、“ブラジリアンワックス”だ。ただし、肌への負担も大きいので、人によっては出血や炎症などの皮膚トラブルが起こることも。

特にIラインや、Oラインなど、デリケートな部分は、自己処理が難しいので、少しでもトラブルを感じたらすぐ皮膚科に相談するようにしよう。

 

【画像】

(C)mirzavisoko / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ ベッキーに24時間テレビの「過激裏番組」からオファーか

※ 石原さとみと山下智久が9月中に結婚発表へ

※ 稲垣、草彅、香取、ジャニーズの圧力でレギュラー番組消滅へ

※ 道重さゆみがブログの写真に「あり得ない修整」

※ 土屋太鳳「すごく好き」千葉雄大にテレビ番組で公開アプローチ!