LiSAを必死に擁護! アニメ界隈の有名人に甘いネット民のオタク魂

LiSA

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

新年早々、大人気歌手のスキャンダルが報じられてしまった。

標的となったのは、アニメ『鬼滅の刃』の主題歌を歌ったことで、一躍大スターに登り詰めた歌手のLiSA。1月3日にウェブニュースサイト『デイリー新潮』が、LiSAの中学生時代の素行を大暴露した。記事によると、中学生の頃のLiSAは制服を超ミニスカートにしたうえ、ピアスをつけて学校に登校。また、校則違反だけではなく、カラオケ店で飲酒、自転車泥棒など、れっきとした犯罪をしていたという。

随分前の行いであるものの、これには当然批判の声がネット上で多くあがっている。しかし『Yahoo!ニュース』のコメント欄、通称〝ヤフコメ〟を覗くと

《もし嘘だったり盛った話なら許されませんよ》
《そのくらいのやんちゃ、別に珍しくはない》
《この位のヤンチャする人は結構居ると思う。カラオケで飲酒、自転車泥棒何て若気のいたり》
《中学生の時の話なんか引っ張り出す必要ある? 10年以上経ってるんだから、放ってあげてよ》

など、有名人の不祥事にはとことん厳しいはずのネット民たちが、擁護の声を多数あげていたのだ。

ポケモン声優を必死で擁護も…

「ヤフコメ民は、お笑い芸人や俳優などのスキャンダルにはとことん厳しいが、なぜか〝アニメ系〟の分野の有名人のスキャンダルには異常に甘い。昨年の12月11日には、アニメ『ポケットモンスター』でお馴染みの声優・松本梨香の『コロナ助成金』不正受給疑惑が報じられましたが、この時もヤフコメ民は『まず悪意が前提にあるという報道がマズい。名誉を毀損しようという意気込みが凄すぎる。過失は誰でもある』『記事の書き方に悪意がある事だけはわかった。不正と言うにはちょっと弱い』『松本梨香さんに悪意のある人がリークしたんだなとしか思えなかった』など、こぞって松本を擁護。なお、松本は不正を否定していますが、なぜか受給したお金は報道後に返金しています」(芸能記者)

こうしたヤフコメ民のアニメ有名人擁護には、ネット上で

《声優ファンって、現実を見ようとせずに推しを盲目援護する傾向にあるよね》
《同じようなEXITはボロカス叩いて、LiSAは擁護だもんなぁ》
《これがアイドル崩れとかタレントだったらボロクソに叩くのにLiSAだから擁護するオタクくん》
《こういう記事で擁護コメントの内容が無理やりすぎるのがLiSAファン(信者?)というか声優ファンにしても痛々しい所だよな》
《声優・アニソン歌手には甘い。それがヤフコメクオリティ》

といった声があがっている。

念のため、LiSAを擁護しているユーザーが他の記事でどんなコメントを残しているか確認したところ、本人たちが否定している〝不倫疑惑〟を持ち出して小島瑠璃子を叩いていたほか、『アンジャッシュ』渡部建に追撃を続けていることがわかった。何はともあれLiSAには、今年も美声を響かせてファンの耳を楽しませてほしいものだ。

【あわせて読みたい】