『教場』伊藤健太郎“ひき逃げ役”で出演予定だった…「偶然にしてもヤバい」

伊藤健太郎 

(C)まいじつ 

1月4日、木村拓哉が主演する新春スペシャルドラマ『教場II』(フジテレビ系)第2夜が放送。昨年のひき逃げ事件で同ドラマを降板した伊藤健太郎の演じる予定だった役が、「現実通り」「これは降板も仕方ない」などと大きな話題を集めた。

同作は警察学校を舞台としたドラマで、昨年新春に第1作目が放送。今作は好評を受けての続編であり、伊藤は当初の出演キャストに名を連ねていた。しかし、昨年10月、伊藤がひき逃げで逮捕される事件が発生。出演シーンはすでに撮り終えていたが、代役に『ジャニーズWEST』の重岡大毅を充てて撮り直すことが発表された。

「伊藤に与えられていた役は、前作と今作の間にあたる第199期の警察学校生徒・出馬求久というキャラでした。今作では上白石萌歌演じる石上史穂が200期の生徒として参加しているのですが、彼女は元々199期の生徒。授業中のトラウマが理由で休学、200期で復学したのですが、このトラウマとなる事件を起こしたのが出馬です」(テレビ誌記者)

役の中でもひき逃げという不思議な巡り合わせ

出馬が登場したのは、199期の授業中に起きた事件を振り返る回想シーン。警察学校内で検問の講習が行われており、出馬は運転手として検問を受ける役になる。しかし、車は突如として暴走し、スピードを上げて検問官役の生徒に突っ込んでいく。生徒はボンネットに乗り上げてから地面に落ち、病院へ緊急搬送されることとなった。

そう、なんと伊藤は、授業中に同期をひいて病院送りにする役を演じていたのだ。逮捕後、一部では「作品に罪はない」などとそのまま放送することを求める声も上がったが、あまりにも事件を想起させるため、これは代役での撮り直しもやむを得ないだろう。

ネット上でも、現実の伊藤とドラマで演じるはずだった役の一致点が大きな話題に。

《伊藤の役が人を轢く役でめちゃくちゃ笑った》
《現実とほぼ同じじゃん。偶然にしてもヤバいな》
《ひき逃げ役とかそりゃ交代せざるをえんわw》
《偶然にしても現実通りの役でビビったわ…》
《伊藤が降板せず演じてたら絶対に笑ってはいけない教場になってたな》
《ひき逃げの役演じる予定だったとか笑えない》

など、笑いや衝撃、さまざまな声があがっていった。

もしも、演じたのが事故の救護にあたる善良な警官役だったら…。撮影時の記憶が蘇り、事故時にも逃げずに対応できていたかもしれない。

【あわせて読みたい】