デヴィ夫人の“密”パーティーに非難殺到「ただの老害」「言葉もでない」

デヴィ夫人 

(C)まいじつ 

タレントのデヴィ夫人が昨年12月31日に、都内の高級ホテルで90人規模のカウントダウンパーティーを開催していたと『東スポWeb』が報じて大きな話題になっている。

記事によるとデヴィ夫人は、東京都で新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多となる1337人を記録する中、〝ノーマスク〟でお姫様抱っこされ、さらに男性と身体を〝密着〟させてダンスを踊っていたという。

「パーティーでは晩餐とダンスが行われ、会費は3万8000円。デヴィ夫人のセレブ人脈で約90人が集まったといいます。また、ご丁寧に自身のブログでも参加申込みの受付URLが記されていました。デヴィ夫人は『東スポ』の取材に対して、《検温台4台と消毒液4個もございました。わたくしの友人方は皆さん、雑踏へ行かないですし、(移動は)おクルマの方が多く、電車やバスにも乗らず、居酒屋にも行かない方ばかり。「感染しない・させない」が合言葉で気をつけている方ばかりです》と回答。記者の《コロナを恐れていない感じがうかがえる》という質問に対しては、《かからないと自負しております。火星から来た別世界の人間ですので。オホホホ。でも、わたくしたちも気をつけていますもの》とコメントしています。普段から歯に衣着せぬ発言が話題になっているデヴィ夫人ですが、さすがに今回ばかりは完全にアウトでしょう」(芸能記者)

デヴィ夫人の浮かれた発言が炎上

この報道に、ネット上では

《自分は良くても他の参加者はどうなるの? あまりに身勝手すぎて言葉もでないわ》
《こういう「自分は特別だから」と勘違いした自己中な人がいるから感染が広がるんだよな。マジで頭にくる》
《年齢的に自分が一番ハイリスクなのに… ほんと迷惑な人だよね》
《いくら飲食店を規制してもこういう人間が減らないと意味がない。いい年して常識外れにもほどがある》
《もう二度と顔を見たくないわ。テレビにも出演しないでほしい》
《ただの老害だな。自分の金儲けのためならコロナ一切関係なしかよ!》

などと、非難の声が殺到している。

もっとも、デヴィ夫人にとってみれば新型コロナの感染拡大など、どこ吹く風なのだろう。4日に更新したブログでは、ノーマスクの8人がワイン会食を楽しむ姿を公開。まったく意に介していないのがわかる。

元旦には《昨年は 新型コロナウイルスに始まりコロナで終わった年となりました。1日も早い終息を願うばかりです。日本をはじめ、世界中の皆さまの健康と幸せを心よりお祈り申し上げます。新しい年が皆さまにとりまして幸多き一年となりますようお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします》とあいさつしたデヴィ夫人。

本当に1日も早い終息を願っているなら、パーティーなど開催している場合ではないと思うのだが…。

【あわせて読みたい】