LiSA人気は去年まで!?『紅白』公式動画でYOASOBIに圧倒的完敗…

LiSA

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

大人気アニメ『鬼滅の刃』のテーマソングを手掛け、ヒット曲を連発しているLiSA。昨年12月31日放送の『第71回NHK紅白歌合戦』へ出場したが、話題の音楽ユニットを引き合いに出し、オワコン化を指摘する声もあがっているようだ。

今回の『紅白』にも、その年に話題になった人気アーティストたちが集結。出演者の中でとくに注目を集めたのは、若い世代から絶大な人気を誇る2人組ユニット『YOASOBI』だ。初出場のYOASOBIは、YouTubeで1億回再生を突破している代表曲『夜に駆ける』の生ライブを行った。

また放送終了後、NHKは公式YouTubeチャンネルに各アーティストのハイライト動画を投稿。再生数を見ると、1月6日時点でLiSAの動画は約150万回再生。YOASOBIの動画は約430万回再生となっている。

両者共に100万再生超えで、人気の高さが窺えるものの、YOASOBIの再生回数はLiSAの3倍弱。ネット上では、

《鬼滅と一緒に終わった人。儚いね…》
《LiSA二曲歌っとるから、実質YOASOBIの4分の1やろ》
《鬼滅歌手のLiSAさん、YOASOBIとかいうぽっと出の芋娘に2倍近い再生数をつけられ無事終了》
《もともと鬼滅のオマケでしかない》
《歌唱力含めて勝っている要素がない》

などと、必要以上にLiSAをこき下ろす声があがっている。

LiSAの露出度が高すぎるだけ?

しかしその一方、LiSAの再生数が伸び悩んでいることについて、

《安売りしすぎたんじゃない?》
《メディア露出しすぎ。ファンだけど正直うんざりしてる》
《動いているYOASOBIはレアだからな。鬼滅は露出が多すぎるんよ》

など、「露出が多すぎる」と指摘する声もあがっている。

「昨年YOASOBIがテレビ出演した回数は、『紅白』を含めても両手で収まるほど。これまでTVでライブを行っておらず、今回初めて生歌を披露したという点も注目度が高まった理由でしょう。それに対してLiSAは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大ヒットに後押しされ、繰り返し音楽番組に出演してきました。レア度による補正があるため、単純に動画再生数だけを比較するのはナンセンスでしょう」(芸能ライター)

ちなみにLiSAのハイライト動画の再生回数は、紅白出場アーティストの中で2位という順位。『紅白』に50回も出場している国民的歌手・五木ひろしにいたっては2万5000回程度だ。LiSAがオワコンというのならば、他のアーティストはどうなってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】