『バイキング』坂上忍に視聴者呆れ…“新型コロナ”煽りが不評「文句ばかり」

坂上忍 

(C)まいじつ 

1月6日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で、東京都の新型コロナウイルス新規感染者が、過去最多となる1500人超の見通しであると速報。その中でみせたMC・坂上忍の姿勢に、批判的な声が続出している。

この日の番組では、新型コロナの感染急拡大を受け、東京都など1都3県に緊急事態宣言が発令されることを報じた。坂上は「タラレバの話を言っても仕方ないのですが、後追い小出し感のある対応では、どうにもならなかったと言わざるをえなかったんですかね。結果には」と政府の対応の遅れを批判。番組の放送中、延々と政府批判を繰り返し、視聴者をあ然とさせた。

「ここにきて新型コロナの感染が急速に拡大したことから、番組では集中的に新型コロナを取り上げています。内容はすべて政府批判に終始していますね。これは昨年、緊急事態宣言が発令された時期に、テレビ朝日の『モーニングショー』が視聴者の恐怖を煽り、ひたすら政策批判することで高視聴率を記録した手法と同じです。『バイキング』は9月の番組改変後、3時間枠に拡大されリニューアルしましたが、視聴率は3%台で低迷。とにかく今はなりふり構わず、新型コロナを煽り、視聴率アップを目論む作戦でしょう」(エンタメ誌記者)

坂上忍の政権批判は的外れ?

そんな番組の思惑とは裏腹に、ネット上では坂上の政府批判に、

《また政権を叩く材料が増えたとしか考えてなさそう。建設的な意見がバイキングからは聞こえてこない》
《過去の発言と、いま思うことを省みて欲しいね。批判する方は言いっぱなしでホント楽だな。結果論だけで言えるし!》
《言うは簡単、行うは難し。政権批判ばかりでは何の解決にもならん》
《そもそもタイミングが遅いと文句を言うなら、相手は政府ではなく東京都でしょ。どう見ても》
《政府のやる事に文句ばかり。いろんな意見があっていいと思うと言いつつ、自分と違う意見を出されるとふてくされる。自分の考えに自信あるなら政界に進出してみれば?》

などとシラけた声が広がっている。

自分のお気に入りの人物ばかりをゲストに呼び、〝くん付け〟で話しかけるなど、大物ぶりを見せつけている坂上。しかし、かしずいているのは仲のいい後輩芸能人のみ。肝心の視聴者が不在では、怒りの声があがるのも当然だ。

【あわせて読みたい】