木下優樹菜の「学科20落ち」は当たり前!芸能人の運転免許事情

「18歳のときに教習所に通ったものの、仮免の学科試験でつまづいて期限が切れてしまったそうです。警察の運転免許試験場ではなく、教習所の仮免というのがすごい。具体的には26回落ちたそうです」(芸能記者)

一般的に試験問題は、10回以内で合格できるよう、繰り返し似た問題が出てくるものだが…。

「教習所では仮免試験でも、運転免許試験場の学科試験も前提に出題しています。学科試験の教官には元警察官もいて、懇切丁寧に交通法規を教えてくれる。マジメに授業を聞いていれば、20回以上落ちるなんてことはありえない」(自動車ライター)

いま教習所は少子化の影響でどこも経営難。少しでも評判を上げて入校生を増やしたいというのが本音だ。

「できるだけ生徒を早く合格させて、“いい学校”だという評判を作りたいのです。当然、芸能人ともなれば、教習所のイメージアップにつながる。優樹菜が学科を通らなかったのは異例です」(同)

さらに一部自動車教習所では、芸能人は特別に一般とは別のクラスで授業を受けられるところもある。

「彼女がそうだったかは不明ですが、“裏授業”と言われています。ただ不正というのではなく、実車、学科ともにマンツーマンで教えてくれるところがあるとか」(芸能プロ関係者)