『月曜から夜ふかし』ボクシングをナメた姿勢に呆れ声「マジで不愉快」

(C)My Ocean Production / Shutterstock 

深夜バラエティー番組『月曜から夜ふかし』で人気のおもしろ一般人・フェフ姉さんが、元日放送の『月曜から夜ふかし ~元日スペシャル【2021日本の大問題を一斉調査】~』(どちらも日本テレビ系)に出演。キックボクシングのプロを目指す姿に密着したのだが、一部視聴者が苦言を呈しているようだ。

9月に放送された2時間スペシャルで、キックボクシングのプロを目指すと宣言していたフェフ姉さん。今回、番組は初のアマチュアマッチを目標に、プロに向けて歩み出した1カ月間に密着した。

まずは下半身強化のため地獄のトレーニングが始まると、反応速度が遅い弱点を補うべく、眼筋を鍛えるトレーニングも行うことに。トレーナーとともに徐々に歩みを進めるが、ここで体重が課題として重くのしかかる。

フェフ姉さんは50kg以下の階級でエントリーしたのだが、トレーニングを重ねても一向に体重が落ちず、大会まで1週間を切っても54.3kgという数字に。ここから、水を飲まない過酷な減量生活が始まり、本人も「キツイ」と苦悶の表情を浮かべた。

インタビュー中にタバコをプカプカ

しかし、水抜き減量にはついていったフェフ姉さんも、大好きなタバコだけは我慢できず。「結構ぶっちゃけ仕上がってますね」と自信を覗かせたが、密着中のインタビューではタバコを吸いまくっていた。

そしてこのタバコをプカプカと吸う姿は、プロを目指す者としてふさわしくないと、ネット上で苦言が寄せられることに。

《タバコ止めらないのは格闘技舐めとる、勝てるわけない》
《タバコ我慢すれば肺活量つくし持久力持つだろうなー》
《フェフ姉さん、試合前にタバコは吸っちゃダメよ》
《フェフ姉さんアツイな。けど、タバコやめよか》
《減量中、それも試合前にタバコふかしているの見てマジで不愉快になった。テレビの演出上の仕込みかも知れないけど経験者としては許し難い物があった》

など、視聴者も残念な思いになってしまったようだ。

本気でプロを目指しているのか、困難なトレーニングにもきちんとついていったフェフ姉さん。今度はタバコや酒も徹底して制限して、より本気な挑戦に期待したい。

【画像】

My Ocean Production / Shutterstock

【あわせて読みたい】