視聴率尻上がりで終幕「あなそれ」に続編企画か

(C)まいじつ

波瑠が不倫にする妻を演じた連続ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)は、放送回を重ねるごとに視聴率を上げていき、最終回は14.1%を記録した。同ドラマはこれまでの波瑠のイメージを覆す役どころで、東出昌大演じる夫を裏切り、中学時代の同級生(鈴木伸之)に溺れていく様を描いた。

「大成功の視聴率です。早くも続編が企画されていて、今度は波瑠が“3股”の既婚男性を略奪にかかるプロットや、かつて不倫した鈴木伸之の友人と不倫していくうちに、また鈴木とのヨリが戻るパターン。もしくは時間軸を戻して波瑠が大学を卒業したばかりの話なども企画として出ています」(脚本家)

同ドラマは波瑠の夫を演じた東出昌大の演技も特徴があり、事細かく妻の浮気を疑う不気味な視線は評判を呼んだ。

「続編でも東出は必要でしょう。世間の噂では彼のスピンオフドラマや、東出に恋をしている役の同僚、山崎育三郎が主役のスピンオフも案として出ているようです。いずれも役者のスケジュール次第だと思います」(テレビ雑誌編集者)

 

波瑠はブログで最終回のことを…

視聴率が後半に上向いたということは、SNSなどで口コミが広がり、見る人が増えたのだろう。このようなパターンで続編の話がすぐに出たドラマと言えば、最近では昨年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が思い出される。

「心配なのは、波瑠に“不倫する妻”のイメージが必要以上に付いてしまい、今後のオファーに影響が出てしまうことです。そのあたりはマーケティング調査をしないと分かりませんが、所属芸能事務所は夏目雅子さんのような幅広い演技をさせたい考えがあるようで、この先も想像できないようなキャスティングが発表されるかもしれません」(同・編集者)

波瑠は自身のブログで最終回の結末についてこう綴っていた。

《明日、ドラマ「あなたのことはそれほど」ついに最終回となります。天罰が下る? なんだかんだうまく収まる? どっちでもいいかな。自分とは関係ない夫婦のことだもの。正しいとか間違いとか、そういう軸を持って考えてたら不倫はしないでしょうし。自分が傷つけたわけでもない人に、それは間違いだとか、ひどいとか言われてもですし。本人たちだってああそうですか、間違いなのはまぁわかってますけど。ってぐらいのことでしょう。》

まるで、このドラマを通して“達観”したかのような波瑠。次の出演作が楽しみな女優になった。

 

【あわせて読みたい】

新垣結衣に「小出恵介淫行事件」の風評被害

小林麻央さんへ結婚当初の心労を悔やむ声

佐々木希が「妊活」突入で渡部建から悲鳴

中居正広干されたか「27時間TV」めぐる明石家さんまとの確執

「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太