本田翼の“オタク媚び媚びCM”に大歓喜! 妄想が止まらないゲームオタクたち

本田翼 

(C)まいじつ 

昨年末より、スマホゲームの総合情報サイト『GameWith』の新CMに起用されているマルチタレントの本田翼。これに関し、ネット上のオタクたちがヨダレを垂らしながら、妄想に近い興奮をぶちまけているようだ。

CMは2パターンが存在し、『オンラインゲーム編』の本田は、大きなヘッドセットを着けてクッションを抱き、協力プレイヤーと音声チャットで盛り上がりながらゲームをプレイ。カメラはかなり近い位置から顔を捉えており、画面の向こうに恋心を寄せるような思わせぶりな発言もしている。そして挙句、「ゲームが好きな人が好きだ」というセリフを口にするのである。

一般向けにも公開されている広報によると、本田の起用理由は《女優・モデルなど幅広く活躍中でありながら、多くのゲームファンからも支持され、本人もゲーム実況配信などでゲーム好きを公言されている》とのこと。確かに近年の本田は、ゲーム実況でこれまでになかった層のファンを獲得しているため、狙いには合ったキャスティングと言えるだろう。

しかし問題なのは、これを拡大解釈で真に受けているオタクたちだ。

本田翼にウホウホ興奮するオタクたち

「2010年代以降、『友達がいない』『ゲーム・アニメ・漫画好き』など、明らかにネットのオタクや陰キャに媚びたようなアイドル・若手女優・モデルが、やたらと量産された時期がありました。当然、これはネットで叩かれないためのアピールで、多くは裏でやることをやっているもの。異性スキャンダルもどんどんと出ていきましたが、オタクたちは簡単に騙され、共通点や親近感から彼女たちに好感を抱いてしまいます」(芸能誌記者)

この1人に数えられるのが本田。彼女はこれまで菅田将暉など多くの男性と浮き名を流してきたが、数年前からゲーム好きをアピールし始めた。そして、このオタク層への擦り寄りは見事に成功し、本田はモデルとしての同性支持だけでなく、男性からの人気も獲得。ただ、オタクという人種は妄想家や沸点が低いという傾向があるため、今回のCMには、

《本田翼がCMで、ゲームが好きな人が好きって言ってたから、多分俺のこと好きだ多分だけど》
《ばっさーが「ゲームが好きな人が好き」って言ってた… ワンチャンあるよ…?》
《本田翼がCMでゲーム好きな人好きって言ってたけど、これ絶対脈アリよな!》
《ゲームが好きな人が好きだってCMやってた、ってことは俺と両思いって事だね》
《本田翼がCMで「ゲームが好きな人が好きだ!」って言ってた…? CMで告白なんて大胆なことするな…。というわけで皆様、私は本日から本田翼とお付き合いさせていただきます》

など、冗談にしても気持ちの悪い妄想を、早口のように垂れ流しているのだ。

「この現象は、元『モーニング娘。』の後藤真希も関与していると思います。彼女は2019年に不倫が報じられましたが、そのお相手と出会ったのが、オンラインゲームだったのです。ゲーム上で、お互いに素性を明かしていない状態で後藤が『モー娘。の中では誰が好き?』と尋ねると、相手は『ゴマキ』と回答。すると後藤は『私がゴマキ』と返したそうです。この宝くじの当選よりも確率が低い、夢物語を目指して妄想を繰り広げているのではないでしょうか」(同記者)

少し媚びれば支持してしまう純粋な人も多いオタク界隈。落ち目の大物演歌歌手だってボーカロイドに媚びたら人気が再燃するのだから、オタク営業が止まらないわけだ。

【あわせて読みたい】