『グッとラック!』後番組MCに驚きの声「よっぽど不評だったのか」

川島明 

(C)まいじつ 

今年3月で打ち切りがウワサされている朝の情報番組『グッとラック!』(TBS系)の後番組MCが、お笑いコンビ『麒麟』の川島明と、ハーフタレントのSHELLYに内定したと、1月6日付の『文春オンライン』が報じている。

記事によると、新たにスタートする番組の仮タイトルは『SUNNY』で、番組のターゲットは20歳から49歳までの〝アクティブ主婦〟。文春が入手したTBSの「2021年4月改編資料」には、「人気ラーメン店店主が選んだ、本当に美味しいカップ麺トップ10」、「第7世代芸人が行くロケ企画」として「有名シェフと一緒に、コンビニ食材で最高の手抜き料理を作る」などがあがっているという。

川島&SHELLYのコンビに驚きの声

ネット上では新番組のMCに誰が選ばれるのか、さまざまな人物の名前が予想されていた。しかし、川島とSHELLYというまさかの人選に、

《まったく予想もしないメンバーだったな。朝から川島の低音ボイスを聞かされるのはちょっと嫌かも》
《川島、前に「コメンテーター嫌や」って言うてたやないかい!》
《SHELLY朝早いけど大丈夫なの? シンママだし、子どもまだ小さいよね…》
《SHELLYってYouTubeチャンネル開設したばかりだよね。本腰入れると思っていたけど、さすがに地上波のレギュラーは断らなかったんだな》
《SHELLYがサブMCって、朝から性教育でもやるのか? 女性ウケはいいんだけど、アンチも多いから心配》
《立川志らくから一気に若返りを図る人選だね。よっぽど不評だったのかな?》

などと、驚きの声があがっている。

「『グッとラック!』は、情報制作局が手掛けているのですが、新番組ではバラエティーなどを担当するコンテンツ制作局に変わるようです。ロケのリポーターには『EXIT』や『3時のヒロイン』、『ミキ』ら〝お笑い第7世代〟を積極的に起用し、バラエティー色を強くするみたいですね。SHELLYは昨年、千葉に拠点を移していますが、朝早くにTBS入りしなければならないため、再度、東京に戻って来たといいます。コロナ禍の不況で、有名芸能人が次々と首を切られる中、レギュラーMCをゲットしたのですからホクホク顔でしょう」(芸能記者)

多くのバラエティー番組に出演し、引っ張りだこになっているSHELLY。しかし最近は、お得意の〝離婚ネタ〟や〝性ネタ〟を披露しまくり、SNS上では《飽きた》と冷めた声も散見される。さらに、芸人気取りの〝噛みつき芸〟も《痛々しい》と批判されており、新番組の先行きはあくまでも不透明となっている。

新MCたちは〝朝の顔〟となることができるのか。番組のスタートが楽しみだ。

【あわせて読みたい】