松本伊代の“何気ない一言”に批判殺到「無意識のマウント」「タチ悪い」

松本伊代 

(C)まいじつ 

タレントの松本伊代が、1月6日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)に出演。堀越高校の同級生で、元アイドル・新井薫子と画面越しの対面を果たしたが、松本の何気ない一言に批判の声があがっている。

松本は過去に2度、番組を通して新井との対面を希望していたというが、いずれも断られたそう。しかし今回、ついに取材が承諾されたことに大喜びした。

「新井は高校時代にデビューしましたが、その後、体調を崩して高校を中退し、名古屋の病院に4カ月も入院していたといいます。退院後は、控えめに芸能活動を続けていましたが、現在は現代美術家として活躍。19年前に吉本興業とマネジメント契約していたようです。松本からのオファーを断っていたのは、『(オファーを)知らなかった』という、単なる〝行き違い〟だったようですね。松本は新井の〝華麗なる転身〟にかなり驚いたようで、『昔からすごい行動力のある子で。自分が子育てしている間にいろんな事にチャレンジして…。すごい』と感心しきりでした」(芸能記者)

松本伊代の余計な一言に非難の声

懐かしの対面を果たした松本だが、ネット上では、

《新井さんがもし独身なら、これほど嫌味なことはないよね。いちいち子育てとか言わなくてもいいのに》
《伊代さん、無意識にマウントしてますよ。結婚して子どもを産んで子育てをしたっていう余裕と上から目線、出ちゃってます》
《伊代ちゃんさらっとヒドいこと言うな。これって新井薫子に子どもがいないってことだよね?》
《本人悪気はないようだけど、そういうのが1番タチが悪い。もう少し言い方考えたほうがよかったのでは…》
《私も子どもがいるけど、伊代ちゃんの言葉聞いて、まっさきに嫌な感じを受けました。もう少し相手に配慮できなかったのかな》
《「私が子育てしている間に」って、毒を感じる。新井さんだって立派にアーティストとして活躍してるよ》

などと、非難の声が殺到している。松本にしてみれば無意識での発言だったようだが、視聴者にとっては、余計な一言が上から目線と感じてしまったようだ。

新井が松本からのオファーを2度も断ったというのは、そんな松本の性格を知ってのことだったのだろうか…。

【あわせて読みたい】