『ゴゴスマ』“高視聴率”連発のワケは?「バイキングやミヤネ屋より…」

(C)fizkes / Shutterstock 

1月7日放送の情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(TBS系)の平均視聴率が8.3%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)で、同時間帯のトップだったことがわかった。

同番組は、4日にも8.3%を記録しており、同時間1位を週に2回獲得したのは初めてとなる。

7日の放送では、ゲストに元大阪府知事の橋下徹氏や元宮崎県知事・東国原英夫氏を迎え、緊急事態宣言の影響や特措法改正のタイミングなどについて解説。東京の新規感染者が初の2000人超えしたこともあり、番組に関心が集まったようだ。

「ここにきて、新型コロナウイルスの感染がさらに拡大したことで、連日ワイドショーは新型コロナネタを特集しています。同番組は、フリーアナウンサー・石井亮次の絶妙な司会ぶりが人気で、決して人格批判せず、庶民目線で報道するため、視聴者から支持を集めています。また、コメンテーターも公正中立で、それぞれがきちんと自分の役割分担に合わせたコメントをしているのが特徴的ですね。裏番組の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、MCの坂上忍が連日、口角泡を飛ばして政権批判しているのとは対照的です。坂上の尊大な態度に嫌気がさした主婦たちが、こぞって『ゴゴスマ』に流れているようです」(芸能記者)

石井亮次に贈られる絶賛の声

ネット上では『ゴゴスマ』に対し、

《他局のMCと異なり、石井アナは政権批判から入らない。ワイドショーなんてどこも同じだと思っていたけど、全然違う》
《いい加減、宮根や坂上の顔なんて見たくない。煽ってなんぼの番組は最終的に飽きられてしまうと思う》
《バイキングやミヤネ屋より常識ある番組。ヒステリックに政策批判するだけの番組なんていらない》
《石井さんの嫌味のない司会。のんびりした天気・系列局からの中継、最新のニュースも分かりやすい。これからも期待しています!》
《在宅勤務でワイドショー見るようになったけど、変な煽りもせず、いい番組ですね。橋下さんも、宮根よりも上手だと褒めていましたね》

などと好意的な声が寄せられている。どうやら視聴者は、石井の人柄に惚れ込んでいるようだ。

昨年夏の猛暑時にはレポーターに「周りに人がいなかったらマスク外してレポートして構いませんよ」とやさしく声をかけた石井アナ。熱中症でフラフラになったレポーターに気遣うことなく、笑って中継を続けさせた安藤優子とはまさに対照的だった。

しばらくは『ゴゴスマ』人気が続きそうだ。

【画像】

fizkes / Shutterstock

【あわせて読みたい】