前田敦子の“ツイッター再開”理由とは? 独立&離婚危機で再出発か

前田敦子 

(C)まいじつ 

女優・前田敦子が1月7日、自身のツイッターを更新。なんと3年4カ月ぶりの投稿とあって、ファンが歓喜している。

前田は《皆様ご無沙汰してます》と挨拶。《Twitterを見れていない間に、、かなり機能が変わっていて、びっくり!しました。まだ使い方が全然わかりません笑昨年末にiPadをゲットして、日々新しい技を教えていただき、習得中です。アナログ人間なので、、頑張ります》とつづり、《ひとまずよろしくお願いいたします~!》と呼びかけた。

前田は、昨年末に所属芸能事務所の太田プロダクションを退社。今年1月1日に個人事務所『Office MAEDA ATSUKO』を設立し、近々ウェブサイトも開設される予定だという。

前田敦子がツイッターを再開した理由は?

久々に〝降臨〟した前田に、ネット上からは

《このまま更新が止まったままかと思ってたから、めちゃうれしい。またいろいろつぶやいてください!》
《あっちゃんが戻ってきた~。新しい事務所で心機一転頑張ってくださいね!》
《スマホに通知が来ていたから見たら、なんとあっちゃんのツイッター更新の知らせだった! マジどうしたんですか?》
《iPadゲットしてやる気を出したのかな なにはともあれ、また色々つぶやいてくださいね~》

などと、大きな反響を呼んでいる。

「突然のツイッター再開にファンもかなり驚いたようですね。ネット上では、別居中の夫・勝地涼と離婚して、いよいよ再出発をするのではないかともっぱらです。最近は、同じ『AKB48』のOGである指原莉乃や高橋みなみ、大島優子、秋元才加、川栄李奈らに大きく水を開けられており、話題になるのは夫婦間の揉め事ばかり。ツイッターの再開は危機感の現れでしょうね。世間に激昂しやすい性格も知れ渡ってしまい、ファン離れが加速しています。本人は事務所を退社したこともあり、離婚して、心機一転出直しをはかるつもりでしょう」(芸能記者)

女優業で世間を賑わせることが少なくなってきた前田。これからの動向にも注目していきたい。

【あわせて読みたい】